Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートと高齢者を結びつける


IMG_0388_convert_20121108073609.jpg

先日、ACPアートエデュケーター育成基礎講座の初日が終了しました!
ACP(アートコミュニケーションプログラム)とは、MOMAが2006年に開発した
認知症とその家族及び介護士が対等な立場で一緒に体験することができる対話
型アート鑑賞プログラムです。

認知症の方のみならず、生きがいを求めるすべての高齢者が楽しめるアート作品
をさらに楽しむ対話術を身に付けます!

様々な高齢者施設における「レクリエーション」と呼ばれる活動にいつも違和感
を感じていました。あくまでも私見ですが、まるで幼稚園のお遊戯のような内容
のものばかりで、本当にこれが楽しいのだろうかといつも疑問です。

もっと自由に、もっと楽しく、日々の生活を彩るアートや創作があってもいい。
高齢者住宅・施設の運営者世代も変わりつつあります。私のような考えを持った
者が現れてもいいですよね。

私の目標は高齢者住宅に入居している方々の社会参加です。
なんだっていいわけではありません。社会に必要とされるもの。社会が喜んで受
けいれるもの。高齢者だからこんなものか ではなく、その商品、考え、行動が、
広く一般に認められるものにまで昇華させたい。

人は人に必要とされなくなることが一番の恐怖ではないでしょうか。

高齢者住宅や施設の中だけにとどまらず、そこに住まう方々が「私たちも社会と
のつながりを持っているのだ」という意識を持っていただくお手伝いを実現させ
たい。そう思っています。賛否両論大歓迎です!

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。