Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀木犀<市川>のアプローチガーデン


IMG_9870_convert_20121004101708.jpg

先日、伯父さんの庭からシンボルツリーを輸送しました。
1棟目の銀木犀<鎌ヶ谷>でも伯父さんからシンボルツリーを頂き、2人で
鉢を掘って、2人で植えました。この自分で選んで自分で植えるって作業が
大切なんだと思ってやってます。

でも実は単純に造園現場作業が楽しいだけなのですが。笑

IMG_9873_convert_20121004101738.jpg

銀木犀<市川>では、玄関に至るまでのアプローチにたくさんの木々たちを
植えました。全て私が選んだ高木、低木、花々です。
予算もだいぶオーバーしちゃいました。いいのいいの。

なぜ今回、アプローチガーデンを造ったのかというと、やはりそれは入居者
の心情を考えてのことがきっかけでした。

長年住み慣れた家を出て、ましてや知らない住宅に移り住むことって、正直
とても不安なことだと思います。できることならば自分の家で住み続けたい、
そう思う高齢者はたくさんいらっしゃいます。でも現実は、家族の介護力の
限界、予防医学の必要性、独り暮らしの危険、ひとりぼっちのさみしさなど
いたしかたなく、高齢者施設に移り住まざるをえない方もたくさんおられる。

「私は施設に入れられるんだ・・」

私はそんな思いを胸にここへ見学にいらっしゃる入居検討者の皆さんをいい
意味で裏切りたい。むしろ、ここだったら私住んでもいいよって思わせたい。
おこがましい発言だとは思いますが、これはもはや私たちの挑戦といえます。


私の親の世代に「老後はどこでどのように暮らしたい?」と聞くと、大抵は
自分の子供には迷惑をかけずにプライバシーの守られた高齢者住宅のような
場所で暮らしたいとの答えが返ってきます。

サービス付き高齢者向け住宅 銀木犀では、今までの高齢者施設という概念を
ぶっこわしていきたいと思っています。「施設に入れられる老後」では決し
てなく、「老後はこの高齢者住宅に住んで楽しみたい」そう思える住宅を造
っていくことがこれからの私たちの使命です。

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。