Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

違う。

吉沢さん・・・
なんか違う。
違うよ。

自棄になってる。

自棄と情熱と押しつけがましさが入り混じってる気がする。
方向が違ってきてる。
それじゃ、伝わるものも伝わらないよ…


見失わないで。
もっと根本的なモノ。

 渋谷や上野の街というのは一見、楽しいことしか求めていないような感じがしますが、知らん顔をしているということは、凄く関心があるということです。でも、「空気を読む」のがトレンドであるという流れから、立ち止まる、関心を示す、というのは「トレンドではない」という空気を人々は読んでいるのだと思います。複雑ですが。
 だから、吉沢さんは決して落胆しないで、自分の信じる道を歩いて欲しいです。百歩の道も一歩からです。
 「原発は絶対安全、皆が幸せになる」がトレンドでここまで来てしまったのですから、それを覆すトレンドを形成するのは容易ではないと思います。
 そして、少しでも変化が見られたなら具体的な点をあげて自分たちで自分たちを評価する癖をつけることが大事だと思います。評価をためらうことが最も進捗を妨げ、疲労感を募らせるのだと思います。
 本当にやれているのか?と問う自分の中の「ためらい小僧」が結構厄介な代物な訳です。

行動

叫ぶだけでもいいと思います。
何においても行動することが大切だと私は思っています。

吉沢さん、浪江町かわざわざ東京までお越しくださったのですね。勇気のある行動に、頭が下がります。
原発事故を起しておいて、まだ「原発を稼動する」と言い張る人たちは、本当に何もわかっていません。吉沢さんのような犠牲者達に対して、何も賠償もしない東京電力!本当に許せません!

信じて行動を起した吉沢さん、いつかきっとその報いがあると、私は信じています。
  • 2012-06-08 12:11
  • 絵理子
  • URL
  • 編集

行動するかしないか…
一人で東京に乗り込む吉沢さんは 本物だと思う。
私は応援したい。
  • 2012-06-09 12:53
  • 椿
  • URL
  • 編集

早く支援を><

ああ・・・どうか支援をしてあげたい><殺処分だめ><
  • 2012-07-10 11:21
  • ぴよ
  • URL
  • 編集

こんにちわ。
ひょんなことから朋ちゃんの記事につながって、本当に偶然このブログを読ませていただきました。

老齢者の方たちに関わられる事業 そしてこの官邸前のあじさい革命の場にいらした福島県の吉沢さんの記事。 

ふつうのことをふつうに。 

でも 言ってるだけじゃ 思っているだけじゃ進まず。 実力と行動を持って・・・

今、下河原さんのような男子、企業家さんがちゃんといらっしゃるなんて なんか嬉しくコメントしてみました。
 読んでいるうちになんだか涙が出てしまいました。 
妹さんをとても愛する思いもよく伝わって。 妹さんもお兄さんのまわりの方達の愛情でまたいっぱいの笑顔でうたってほしいですね。

私は美術関係の人間で小さな女の子の母でもあるのですが 今、自分の持てる力を大事にそして精一杯使い 今まで頑張ってくれた世代の方に感謝をし、子ども達にあたたかく手渡せるものを残したい。
優しさ おもいやり ことばにしたら言い切れませんがそういったものが当たり前に尊ばれるような社会にどうしたらしていけるのか。

地味な形ではあるのですが、私も諦めず続けます。 

因みに同い年です。なんだか嬉しいな。 
あ、写真がとてもいいですね。
  • 2012-07-12 10:54
  • ももも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

警戒区域の声 吉沢正巳街頭演説

DSC_4726_convert_20120607211612.jpg

「皆さん!浪江町です!町が潰れていく無念の気持ちを東京の皆さんにお伝えしに来ました!
原発なんてもうたくさんです!皆さんが使ってる電気です!どうぞみんなで考えていきましょう!」

先日お伺いした福島県浪江町にあるエム牧場の吉沢さんです。今日は渋谷で街頭演説を行うと
聞いたので急遽会ってまいりました。渋谷駅の真ん前で彼は力強く演説を行っていました。
数千人、いや数万人もの道行く人たちへ彼の声は届いているのでしょうか。罵声を浴びせる者、
募金箱へ一万円を入れる女性。まるで社会の縮図のような世界です。不思議なもので、あれだ
け大騒ぎしているのに警察は止めにも来ません。きっと、吉沢さんの言っていることに筋が通
っているからでしょう。吉沢さんは原発事故から一年以上経った今も300頭の牛を警戒区域内
で育て続けています。殺処分反対。国、東電から一切の援助はありません。これが現実です。

吉沢さんは抗議活動を続けています。何かが変わると信じています。
吉沢さんはさっきこうおっしゃっていました。

「こうやって叫んでるだけじゃだめなんだ。実力が必要なんだ。実力が。」

コメント

違う。

吉沢さん・・・
なんか違う。
違うよ。

自棄になってる。

自棄と情熱と押しつけがましさが入り混じってる気がする。
方向が違ってきてる。
それじゃ、伝わるものも伝わらないよ…


見失わないで。
もっと根本的なモノ。

 渋谷や上野の街というのは一見、楽しいことしか求めていないような感じがしますが、知らん顔をしているということは、凄く関心があるということです。でも、「空気を読む」のがトレンドであるという流れから、立ち止まる、関心を示す、というのは「トレンドではない」という空気を人々は読んでいるのだと思います。複雑ですが。
 だから、吉沢さんは決して落胆しないで、自分の信じる道を歩いて欲しいです。百歩の道も一歩からです。
 「原発は絶対安全、皆が幸せになる」がトレンドでここまで来てしまったのですから、それを覆すトレンドを形成するのは容易ではないと思います。
 そして、少しでも変化が見られたなら具体的な点をあげて自分たちで自分たちを評価する癖をつけることが大事だと思います。評価をためらうことが最も進捗を妨げ、疲労感を募らせるのだと思います。
 本当にやれているのか?と問う自分の中の「ためらい小僧」が結構厄介な代物な訳です。

行動

叫ぶだけでもいいと思います。
何においても行動することが大切だと私は思っています。

吉沢さん、浪江町かわざわざ東京までお越しくださったのですね。勇気のある行動に、頭が下がります。
原発事故を起しておいて、まだ「原発を稼動する」と言い張る人たちは、本当に何もわかっていません。吉沢さんのような犠牲者達に対して、何も賠償もしない東京電力!本当に許せません!

信じて行動を起した吉沢さん、いつかきっとその報いがあると、私は信じています。
  • 2012-06-08 12:11
  • 絵理子
  • URL
  • 編集

行動するかしないか…
一人で東京に乗り込む吉沢さんは 本物だと思う。
私は応援したい。
  • 2012-06-09 12:53
  • 椿
  • URL
  • 編集

早く支援を><

ああ・・・どうか支援をしてあげたい><殺処分だめ><
  • 2012-07-10 11:21
  • ぴよ
  • URL
  • 編集

こんにちわ。
ひょんなことから朋ちゃんの記事につながって、本当に偶然このブログを読ませていただきました。

老齢者の方たちに関わられる事業 そしてこの官邸前のあじさい革命の場にいらした福島県の吉沢さんの記事。 

ふつうのことをふつうに。 

でも 言ってるだけじゃ 思っているだけじゃ進まず。 実力と行動を持って・・・

今、下河原さんのような男子、企業家さんがちゃんといらっしゃるなんて なんか嬉しくコメントしてみました。
 読んでいるうちになんだか涙が出てしまいました。 
妹さんをとても愛する思いもよく伝わって。 妹さんもお兄さんのまわりの方達の愛情でまたいっぱいの笑顔でうたってほしいですね。

私は美術関係の人間で小さな女の子の母でもあるのですが 今、自分の持てる力を大事にそして精一杯使い 今まで頑張ってくれた世代の方に感謝をし、子ども達にあたたかく手渡せるものを残したい。
優しさ おもいやり ことばにしたら言い切れませんがそういったものが当たり前に尊ばれるような社会にどうしたらしていけるのか。

地味な形ではあるのですが、私も諦めず続けます。 

因みに同い年です。なんだか嬉しいな。 
あ、写真がとてもいいですね。
  • 2012-07-12 10:54
  • ももも
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。