Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

分からない 笑。


「斧。」


あ!金属を愛す忠道さんに怒られる!
パタパタε=ε=ε=┌(;´゚ェ゚)┘

笑。

どれもこれも、本格的なアンティークのようで素敵。
特に呼び鈴、私も欲しいくらいです。
  • 2012-05-25 21:27
  • きよ
  • URL
  • 編集

芸術ですね!

私も、アンティークの金物は、大好きで、家にいろいろあります!
金物って、美しくて、繊細で、芸術だと思います。
だから、お兄さんの、金物フェチな気持ち、私は、よくわかります!
そして今回の金物の写真の、カメラワークが、素晴らしすぎます!
金物の美しさ、繊細さが、伝わってきます!
  • 2012-05-26 05:33
  • mie☆
  • URL
  • 編集

わかる!
わたしも、鉄が好きです!!^^
なんと、うちもおじーちゃんが鉄系(機械つくるひと)でした♪
  • 2012-05-27 00:07
  • 同じトモミ☆
  • URL
  • 編集

お久しぶりです。

お疲れ様です。私は、椅子が好きなので、うねうねした椅子に、とても興味を持ちました(^^)v皆さん、それぞれ好きな材質などあると思います!鉄とは男性らしい感性だなと思います!これからも素敵な鉄に出会えますように(^^)v
  • 2012-05-28 20:06
  • run
  • URL
  • 編集

鉄屋さん

鉄屋さんという言葉があるのですね。
うちも母方の実家が鉄工所やっていました!
それぞれ、どんな気持ちで職人さんがそのかたちにしたのか…想像力ふくらみます。どれも手の気配があって素敵です。&ガネーシャかっこいいです…少しさびさびなところがまた渋い(^^)
  • 2012-05-29 14:52
  • Noriko_Matsumot
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

金属フェチのひとりごと【スリランカの愛しい鉄たち】

DSC_2974_convert_20120525101736.jpg

私、実は金属フェチでして・・
スリランカの旅でも金属系には過剰に反応してしまいまして・・・
まぁ、家業が鉄屋だということもありまして。たくさん写真に収めたのでご紹介
します。金属アレルギーの方はご注意を。笑

DSC_2779_convert_20120525101849.jpg

あぁ・・見てください。この堂々たる鉄の呼び鈴を。そう、これ呼び鈴なんです。
えー、鳴らしましたとも。「きん、っこーん!」って、素敵ね、これ素敵ねって
日本語の通じないスリランカ人に一生懸命話しかけていたのは私です。

DSC_2218_convert_20120525110046.jpg

おおぉう、いったいこれは何者なのだろうと考察した結果、お庭が大好きなバワ
がお散歩で泥だらけになった靴の土汚れをすりはらう金物ではないかと探偵いた
しました。見たままを写真に収められて満足満足。

DSC_1982_convert_20120525112040.jpg

なんという働き者でかっこいいくるくるでしょう。えー、まわして怒られました
とも。古くなっても使い込んでいくといい味だしてくるのが「鉄」なんですねぇ。

DSC_1986_convert_20120525103026.jpg

やられた。渋すぎるよこのガネーシャ。知性の神様も鉄で造るとこうなるかー!
しかもこれ全部金属の廃材ではないですか。従業員に売ってほしいって言ったら
さ、「皆さんそうおっしゃります」ですってー。これほしいよ~。

DSC_2765_convert_20120525102601.jpg

・・?いったい何をかついでいるのでしょうか。この置物はジェフリー・バワの
お兄さんのおうちにありました。兄弟揃ってセンスいいよなぁ。ちなみにふたり
ともゲイだったんですって。

DSC_2260_convert_20120525112657.jpg

おおお!!これに反応するのは私ぐらいだろう。
えらいよねぇ、鉄ってほんとえらいよなぁ。笑

DSC_2238_convert_20120525112412.jpg

あーー、なんという曲線美。うねうねさせて椅子にしてしまうとは。金属って冷
たいイメージがあるようですが、元々鉄鉱石からできてる自然由来のものなんで
すよね。あー、またこのひやっとした手摺にさわりたい。笑

DSC_1123_convert_20120525120308.jpg

この作品群は建築家ジェフリー・バワが設計したライトハウスというホテルにあ
るもの。上階へ続くストーリーになっていて、スリランカの侵略と争いの歴史を
表現したものでした。時間とともに差し込む光が作品たちを照らし続けます。

DSC_2123_convert_20120525105941.jpg

DSC_0521_convert_20120525121715.jpg

さきほどのライトハウスの作品もこのフクロウも「ラキセナナヤキ」という作家
さんの仕事です。ジェフリー・バワとは非常に親交が深かったようで、バワ建築
には必ずといっていいほど彼の作品が展示してありました。バワ建築の魅力を引
き出す大きな役割といえます。俺もそんな友達ほしー。

DSC_2569_convert_20120525112732.jpg

そして、数多ある金属系の中でも一番気に入ったのがこれ。
あー、なんもいえねぇ。笑

シンプルな機能と形状美を兼ね備えた一級品の金物です。

え?お分かりにならない?まぁ。笑


コメント

分からない 笑。


「斧。」


あ!金属を愛す忠道さんに怒られる!
パタパタε=ε=ε=┌(;´゚ェ゚)┘

笑。

どれもこれも、本格的なアンティークのようで素敵。
特に呼び鈴、私も欲しいくらいです。
  • 2012-05-25 21:27
  • きよ
  • URL
  • 編集

芸術ですね!

私も、アンティークの金物は、大好きで、家にいろいろあります!
金物って、美しくて、繊細で、芸術だと思います。
だから、お兄さんの、金物フェチな気持ち、私は、よくわかります!
そして今回の金物の写真の、カメラワークが、素晴らしすぎます!
金物の美しさ、繊細さが、伝わってきます!
  • 2012-05-26 05:33
  • mie☆
  • URL
  • 編集

わかる!
わたしも、鉄が好きです!!^^
なんと、うちもおじーちゃんが鉄系(機械つくるひと)でした♪
  • 2012-05-27 00:07
  • 同じトモミ☆
  • URL
  • 編集

お久しぶりです。

お疲れ様です。私は、椅子が好きなので、うねうねした椅子に、とても興味を持ちました(^^)v皆さん、それぞれ好きな材質などあると思います!鉄とは男性らしい感性だなと思います!これからも素敵な鉄に出会えますように(^^)v
  • 2012-05-28 20:06
  • run
  • URL
  • 編集

鉄屋さん

鉄屋さんという言葉があるのですね。
うちも母方の実家が鉄工所やっていました!
それぞれ、どんな気持ちで職人さんがそのかたちにしたのか…想像力ふくらみます。どれも手の気配があって素敵です。&ガネーシャかっこいいです…少しさびさびなところがまた渋い(^^)
  • 2012-05-29 14:52
  • Noriko_Matsumot
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。