Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

忠道さん、朋ちゃん、皆さん、こんにちは!


とても楽しくあっというまに魅させていただきました!

今までわたしがしらなかった手作り、その人の思い、表現することの素晴らしさとそれを深く感じて素晴らしいと世に広まること…改めてときめきました☆☆素敵だぁ朋ちゃんの手作りのお菓子、お料理も素敵なアートですもちろん歌も
忠道さんのおかげでこれから身近なアートをどんどん感じようと思います!

小学生の夏休みの作品とか図工や家庭科で作ったものや、自分の料理も創作してみるとか…毎日が楽しくなりそうですありがとうございますまたblog楽しみにしています
  • 2012-01-28 13:46
  • マリ
  • URL
  • 編集

凡人には、、

はじめまして。ブログいつも拝読させて頂いております。

どれもこれも素晴らしい作品ですね。。
感動・感銘いたしました。

息子(14歳)ですが、”表現者”として只今奮闘中でございます。
この作品を息子と一緒にまた拝見したいと思っております。
どう、考え、どう、感じるか。。楽しみでございます。

凡人である私にとっては難しいものばかりでございます。

が、表面の難しさばかりでなく、その背景の暑い”表現者”としての心の”在り方”が伝わってくる気が致します。

これからも拝見させて頂きます。ありがとうございました。

なべ

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

日本藝術大学先端表現科卒展2012

DSC_7976_convert_20120127090319.jpg

先日、日本藝術大学の先端表現科卒展2012へ行ってまいりました。
さすがは日本中から集まった藝大の優等生たち。
作品のクオリティはプロ級です。
彼らが何を思い、何を表現しているのか一緒に探ってみましょう。

DSC_8002_convert_20120127083636.jpg

はい。のっけから難題です。いや、難しく考える必要はないのかも知れません。
ちなみに船の中の人は作家さんご本人。頭上のクレーンで上下に動きます。

DSC_7978_convert_20120127090703.jpg
こちらの作品は見た瞬間に強く惹かれました。
何かこう力強さを感じるのです。ぐっと太い、うねっとつながる。
鉄屋なので鋼材を使用している作品はそれだけで好き。

DSC_7974_convert_20120127085755.jpg
個人的にはこれも好き。懐かしさを感じるのは気のせいでしょうか。
フンデルトヴァッサー建築を思い出しました。

DSC_7982_convert_20120127084513.jpg
打って変わってこの作品。奥の映像では個性的な犬がピンク色の紐を
不自然に首から垂れ流し、砂漠や海岸を無造作に歩きまわるという・・
あれ、真ん中のざぶとんの上には映像のご本犬が。寝てるという・・
なんか犬がかわいそうって気持ちしかわかなかった。

DSC_7981_convert_20120127085514.jpg
あらかわいらしい。銀木犀の壁に飾りたい。そんな女性らしい作品。
ほしいなこれ。

DSC_7991_convert_20120127084347.jpg

この作品はこんな感じのセットが何箇所か設置されているのですが、
うーん。なんと表現すればいいのやら。でもなんか好き。

DSC_7996_convert_20120125115245.jpg
はいきた。この作品は超おもしろかった。
対面する画面には母親と娘がそれぞれ静止した状態で動画撮影されていまして、
映像のふたりはだまってカメラ目線なのですが、心の声が聞こえてくるのです。
「私はお母さんの・・」心の声をリアルに聞ける装置というか、あー、なるほど
心の声を聞くとはこういう形かとただ関心させられるものでした。おもろい。

DSC_7992_convert_20120127084221.jpg

これもなんだかよくわからないけどおもしろかったなぁ。
動物の亡骸のようなものが空中から円状に吊るされ、その腹の内部では女性が
なにやら言葉?呪文?を発している。ちょっと神的な作品に感じました。きっと
こんな世界がどこかにあるような気がします。

DSC_7989_convert_20120127083815.jpg
はいきた。これどうでしょう。サイバー受精と名づけました。(作家さんごめんなさい)
かっこいい。トランス流して、あ、クラブのカウンターの頭上に設置してとか。
この作品作ったの、きっと女性だと思うんですよね。うん、かっこいい。

DSC_7998_convert_20120127084734.jpg
他にもいろんな作品がありましたが、私はこの作品が一番グッときたんです。
みっつの画面にはどこかで見たことのあるようなマンションが映し出されていて
ベランダには洗濯物が干されたり、また消えたり、人の気配を感じたり、消えたり・・。
私が幼稚園生の時、まだ父の会社が駆け出しの頃、亀戸のマンモス団地に住んで
いたことがありました。狭い都営の団地でその頃はちょうど朋美が生まれたころかなぁ。
とても懐かしい思い出が甦りました。僕の中でこの作品は原点を感じるものでした。

私の親友の画家、森口裕二は言います。
「作品なんて出来てしまえばその辺に転がっている石ころとおんなじやからなぁ」

藝大先端表現科の学生の皆さん。とても楽しむことが出来ました。ありがとう。
作家という生き方は、それは人と違う生き方でとても苦労することもあるかと思いますが、
自分や自分の考えを表現する力を持っているあなた方はスペシャルです。
またあなた方の作品をどこかで見られることを心から楽しみにしています。

コメント

忠道さん、朋ちゃん、皆さん、こんにちは!


とても楽しくあっというまに魅させていただきました!

今までわたしがしらなかった手作り、その人の思い、表現することの素晴らしさとそれを深く感じて素晴らしいと世に広まること…改めてときめきました☆☆素敵だぁ朋ちゃんの手作りのお菓子、お料理も素敵なアートですもちろん歌も
忠道さんのおかげでこれから身近なアートをどんどん感じようと思います!

小学生の夏休みの作品とか図工や家庭科で作ったものや、自分の料理も創作してみるとか…毎日が楽しくなりそうですありがとうございますまたblog楽しみにしています
  • 2012-01-28 13:46
  • マリ
  • URL
  • 編集

凡人には、、

はじめまして。ブログいつも拝読させて頂いております。

どれもこれも素晴らしい作品ですね。。
感動・感銘いたしました。

息子(14歳)ですが、”表現者”として只今奮闘中でございます。
この作品を息子と一緒にまた拝見したいと思っております。
どう、考え、どう、感じるか。。楽しみでございます。

凡人である私にとっては難しいものばかりでございます。

が、表面の難しさばかりでなく、その背景の暑い”表現者”としての心の”在り方”が伝わってくる気が致します。

これからも拝見させて頂きます。ありがとうございました。

なべ

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。