Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

たーちゃん、朋ちゃん、こんにちは(*^^*)♪

暖炉を置くなんて…童話の中のお部屋みたいで暖かい感じがするしすんごく癒されると思います♪

たーちゃんはいつも利用者さんの気持ちになって利用者さんが心穏やかに安心して過ごせるような環境をいつも一番大切に考え次々に努力されている姿勢が本当に素敵です…(*^^*)♪
金木犀さんいづれは全国に広げてお年寄りの方々を幸せにしてあげてください…♪私もその時がきたら入居させていただきたいですが……娘に意思を言っといた方がいいですよね…(*^^*)♪


朋ちゃんこんにちは♪

朋ちゃんお元気ですか♪
朋ちゃんってそういえば将棋の腕前もすごいのでしたよね…(*^^*)♪
私は最近将棋を覚えたいと思っているのですが回りにできる人がいません…。
朋ちゃんはどうやって覚えたのですか…(^o^)♪
あと私は着物の着付けとかも勉強したいです…。

実行するのにいつもなかなか一歩が踏めずにいます…。


大好きな朋ちゃんが幸せでありますように…(*^o^)/\(^-^*)♪

私は千里リハビリテーション病院に何度か
お見舞いに行った事があります。本当に素敵な
病院ですね。
私もいつまでも出来るだけ自分らしくいたいので
そういう施設が増える事を望みます。そうでない所も
見て来ただけに親の事とか色々考えると正直
恐ろしいなと思うからです。働くのも知ってしまうと
そういう所は躊躇します。条件とか全く別にして。
利用者様も職員も常勤にしろパートにしろ気持ち良く
お互いを思いやって過ごせる空間が増えますように☆
全国にも是非作って下さいね。お待ちしています。
  • 2011-11-20 18:29
  • hanahana
  • URL
  • 編集

絵本にでてくるような素敵なイメージですね。

既成概念にとらわれることなく…
その言葉で最近ずっと頭の中でもやもやしてたものがすっきりとしました。
出来ない理由を考えればいくらでも出てくる。周りの反応を意識したら死ぬほど不安にもなる。
でもそれでは何も変えられないんですよね。
そうか、自分の直感を信じてやってみてもしもだめなら何度でもやり直したらいいんだ!!
周りの色んな言葉も大切なアドバイスととらえて大切にして今の自分にできることを精一杯やる!
よぉし、いっちょやっちゃるかぁ(`^´)>
パワーをありがとうございます。

朋ちゃんの歌毎日きいてます。
最近のお気に入りは「華」。
私のパワーの源だよぉ(^_-)-☆
  • 2011-11-21 01:08
  • ティコ
  • URL
  • 編集

忠道さん☆朋ちゃん☆皆さん☆こんにちは↑↑

暖炉!とってもいいですね(*^o^*)

癒されました(^O^)


忠道さんの素晴らしい発想でどんどん開かれていく幸せのお家を想像しただけでもワクワクハッピーになります☆☆

ありがとうございます☆


銀木犀にいやされにいきたいです(^O^)

またblog楽しみにしていますお体お気をつけて

朋ちゃん風邪引いてないですか元気でいてくださいねっいつも応援してますよ

暖炉

暖炉、やっぱり、火が見えていると実際の暖かさ以上の暖かさ、あるいは、ほっとする安心感が得られるってなんなのでしょうね!無機質な空調で暖かい部屋よりも少しは寒いけれど暖炉がある部屋。どちらが暖かいと感じるでしょう?
多分、温度だけではない何かが暖炉にはあるし、暖炉があるとその周りに人が集まる。そして、暖かい会話の火だねとなってその温かさが広がっていく。そういう気がするのですが...

大変感謝しております

自分の老いに直面して動揺し始め、老人性鬱を疑われた母の為にネットで探した銀木犀でした。
 ひと目で、そのセンスの良さに惹かれました。日頃から、芸術的センスと細やかな気配りは決して反比例することはないと思っていましたし、良心的な料金でもあり、ご連絡させていただき、無事母は入居と相成りました。
 現在私ども夫婦は、定年後マレーシアのセカンドホームプログラム(MM2Hビザ)を取得、一カ月毎に日本とマレーシアを往復しています。目的は、まず第一に今後年金の確保が難しくなる中で、巷で言われているように、少ない年金のみの暮らしがアジアで可能なのか、確かめたいこと、第2に、日本人高齢者の介護施設をマレーシアに作るという希望を持っておられる方がいらっしゃることを知ったことで、是非そういう施設を見学したいと思ったのです。ところが、需要がなかったのか、エージェントに聞いてみるとその話はとん挫した、ということでした。その施設に日本の看護師さんを招き入れ、現地の人に日本人向けの介護の要領を学んでもらい、日本人高齢者が言葉は通じなくても満足の行く介護が受けられる、という構想でしたので残念な気持ちになりました。マレーシアはインド系、中国系、マレー系と3種の人種が混合して住んでいる大変不思議な国でした。共通語は英語ですが、その英語もなまりがあり、日本の高齢者が果たしてうまく溶け込めるか、その辺が難しいところだと思います。
 私の娘は今カンボジアに在住しており、良くローコストエアラインで行き来しておりますが、カンボジア人はどんな職業に就いている人でもねたみ、ひがみと言った印象がなく、上品、という一言に尽きます。このあたりの方が将来的に日本人高齢者が納得する暮らしが出来るのではないか、などと娘と話したりもしています。
 まだまだ途上国ですので難しい面は沢山ありそうですが。
 いずれにしましても、銀木犀さんのお陰で家を安心して留守にすることが出来、本当に感謝しています。
 少ない年金でも本当に暮らせるのか、実験を始めてまだ半年ですが、勉強させていただくつもりで
おります。大した勉強にはなっておりませんが、母が銀木犀さんにいることで本当に安心です。
 また、オーナーの方がこれほど勉強熱心だとは知りませんでした。目から鱗です。本当にありがとうございます。

 

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

暖炉のある高齢者住宅


IMG_4708_convert_20111120121042.jpg

来年オープン予定の銀木犀<市川>に暖炉を導入することを決めました。

今までたくさんの高齢者住宅・施設を視察してきましたが、見かけたことがあるのは橋本先生が
運営を行う病院だけでした。そう、あの佐藤可士和さんが総合アートディレクションした・・

「病院」でありながら「病院」とは思えない。日本初の「リハビリテーション・リゾート」
千里リハビリテーション病院 http://senri-rehab.jp/


この暖炉の前でおばあちゃんがゆったりとしたソファーに座り、こっくりこっくり居眠り
する情景を見てみたい。そこに犬でも寝そべっていたらもうそこは完璧にお家です。

ひとりでもいい。喜んでくれる人がいれば。

サービス付き高齢者向け住宅は今年始まったばかりの制度です。
だからこそ、私のような無鉄砲なやつがどんどん挑戦していくことが大事なんだと思います。

暖炉は危ないとか、管理が大変だとか、いろいろあるけど、だめだったらまた考えればいい。

これからも既成概念にとらわれることなく様々なことに挑戦していきたいと思います。
ちょっと大げさかな(笑)でも僕にとっては大事なことなんですよ。

コメント

たーちゃん、朋ちゃん、こんにちは(*^^*)♪

暖炉を置くなんて…童話の中のお部屋みたいで暖かい感じがするしすんごく癒されると思います♪

たーちゃんはいつも利用者さんの気持ちになって利用者さんが心穏やかに安心して過ごせるような環境をいつも一番大切に考え次々に努力されている姿勢が本当に素敵です…(*^^*)♪
金木犀さんいづれは全国に広げてお年寄りの方々を幸せにしてあげてください…♪私もその時がきたら入居させていただきたいですが……娘に意思を言っといた方がいいですよね…(*^^*)♪


朋ちゃんこんにちは♪

朋ちゃんお元気ですか♪
朋ちゃんってそういえば将棋の腕前もすごいのでしたよね…(*^^*)♪
私は最近将棋を覚えたいと思っているのですが回りにできる人がいません…。
朋ちゃんはどうやって覚えたのですか…(^o^)♪
あと私は着物の着付けとかも勉強したいです…。

実行するのにいつもなかなか一歩が踏めずにいます…。


大好きな朋ちゃんが幸せでありますように…(*^o^)/\(^-^*)♪

私は千里リハビリテーション病院に何度か
お見舞いに行った事があります。本当に素敵な
病院ですね。
私もいつまでも出来るだけ自分らしくいたいので
そういう施設が増える事を望みます。そうでない所も
見て来ただけに親の事とか色々考えると正直
恐ろしいなと思うからです。働くのも知ってしまうと
そういう所は躊躇します。条件とか全く別にして。
利用者様も職員も常勤にしろパートにしろ気持ち良く
お互いを思いやって過ごせる空間が増えますように☆
全国にも是非作って下さいね。お待ちしています。
  • 2011-11-20 18:29
  • hanahana
  • URL
  • 編集

絵本にでてくるような素敵なイメージですね。

既成概念にとらわれることなく…
その言葉で最近ずっと頭の中でもやもやしてたものがすっきりとしました。
出来ない理由を考えればいくらでも出てくる。周りの反応を意識したら死ぬほど不安にもなる。
でもそれでは何も変えられないんですよね。
そうか、自分の直感を信じてやってみてもしもだめなら何度でもやり直したらいいんだ!!
周りの色んな言葉も大切なアドバイスととらえて大切にして今の自分にできることを精一杯やる!
よぉし、いっちょやっちゃるかぁ(`^´)>
パワーをありがとうございます。

朋ちゃんの歌毎日きいてます。
最近のお気に入りは「華」。
私のパワーの源だよぉ(^_-)-☆
  • 2011-11-21 01:08
  • ティコ
  • URL
  • 編集

忠道さん☆朋ちゃん☆皆さん☆こんにちは↑↑

暖炉!とってもいいですね(*^o^*)

癒されました(^O^)


忠道さんの素晴らしい発想でどんどん開かれていく幸せのお家を想像しただけでもワクワクハッピーになります☆☆

ありがとうございます☆


銀木犀にいやされにいきたいです(^O^)

またblog楽しみにしていますお体お気をつけて

朋ちゃん風邪引いてないですか元気でいてくださいねっいつも応援してますよ

暖炉

暖炉、やっぱり、火が見えていると実際の暖かさ以上の暖かさ、あるいは、ほっとする安心感が得られるってなんなのでしょうね!無機質な空調で暖かい部屋よりも少しは寒いけれど暖炉がある部屋。どちらが暖かいと感じるでしょう?
多分、温度だけではない何かが暖炉にはあるし、暖炉があるとその周りに人が集まる。そして、暖かい会話の火だねとなってその温かさが広がっていく。そういう気がするのですが...

大変感謝しております

自分の老いに直面して動揺し始め、老人性鬱を疑われた母の為にネットで探した銀木犀でした。
 ひと目で、そのセンスの良さに惹かれました。日頃から、芸術的センスと細やかな気配りは決して反比例することはないと思っていましたし、良心的な料金でもあり、ご連絡させていただき、無事母は入居と相成りました。
 現在私ども夫婦は、定年後マレーシアのセカンドホームプログラム(MM2Hビザ)を取得、一カ月毎に日本とマレーシアを往復しています。目的は、まず第一に今後年金の確保が難しくなる中で、巷で言われているように、少ない年金のみの暮らしがアジアで可能なのか、確かめたいこと、第2に、日本人高齢者の介護施設をマレーシアに作るという希望を持っておられる方がいらっしゃることを知ったことで、是非そういう施設を見学したいと思ったのです。ところが、需要がなかったのか、エージェントに聞いてみるとその話はとん挫した、ということでした。その施設に日本の看護師さんを招き入れ、現地の人に日本人向けの介護の要領を学んでもらい、日本人高齢者が言葉は通じなくても満足の行く介護が受けられる、という構想でしたので残念な気持ちになりました。マレーシアはインド系、中国系、マレー系と3種の人種が混合して住んでいる大変不思議な国でした。共通語は英語ですが、その英語もなまりがあり、日本の高齢者が果たしてうまく溶け込めるか、その辺が難しいところだと思います。
 私の娘は今カンボジアに在住しており、良くローコストエアラインで行き来しておりますが、カンボジア人はどんな職業に就いている人でもねたみ、ひがみと言った印象がなく、上品、という一言に尽きます。このあたりの方が将来的に日本人高齢者が納得する暮らしが出来るのではないか、などと娘と話したりもしています。
 まだまだ途上国ですので難しい面は沢山ありそうですが。
 いずれにしましても、銀木犀さんのお陰で家を安心して留守にすることが出来、本当に感謝しています。
 少ない年金でも本当に暮らせるのか、実験を始めてまだ半年ですが、勉強させていただくつもりで
おります。大した勉強にはなっておりませんが、母が銀木犀さんにいることで本当に安心です。
 また、オーナーの方がこれほど勉強熱心だとは知りませんでした。目から鱗です。本当にありがとうございます。

 

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。