Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

本当になぜですよね。

3月12日の爆発したときも、地元のテレビ局では原発の中継映像を流していたので爆発の瞬間をリアルタイムで見ていました。
私の住んでいる地域では、関東系の番組も受信出来るのでチャンネルを回してみるもどこでもやっていないんです。

原発が爆発を起こしたと発表されたのはそれから2時間以上経ってからでした。
発表されるまでとても恐怖でした。

新聞に、爆発当時原発の近くに居た自衛隊の方のお話が載っていました。
「物凄い爆発で、生きて帰れないと思った。」と載っていました。
凄まじさが伝わってきました。

今のところ線量は安定しているので、これからどうなるかですよね。
未だに終息出来てない現実。

郡山市などでも、九州や沖縄に避難をし始めている方が居ることも耳にしたりします。
でも、まだまだ避難していない子どもたちがいます。
どうやったら避難してもらえるんだろう…と考える日々です。

とても怖いのが無関心だと思うのです。
そんな方は、放射能放射能と何をそんなに神経質になっているの?と思うのだそうです。

人を変えることは難しい。または、出来ないんですよね。
誰かを変えたいと思ったら、先ずは自分を変えなくてはならないと思うのです。みんな一人ひとりがそんな気持ちになれれば、物凄いパワーで世界は劇的に変わると思います。

未だに原発推進をしている方は一体なんなんでしょうね?

物質的価値観と経済市場主義…。
どうにか出来ないものかと思います。
そこまでして売らなきゃいけないの?と…。
車にしろ野菜にしろ…。
確かに経済をまわすのは大切だと思いますが、経済の豊さと心の豊さは比例するものではないと思うのです。
  • 2011-06-14 23:35
  • やーま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

正しい情報を手に入れること

昨夜、福島第一原発のライブカメラ映像に異変が撮影されている。

福島原発ライブカメラ2011.06.14
http://www.youtube.com/watch?v=k-EDceWFovc&feature=topvideos_mp

このような現象が起きているのにテレビ、新聞ではニュースにも
ならないことに違和感を感じているのは私だけだろうか。
映像は20倍速のため、雲や霧と考えることも自然かもしれない。
東電の発表では原発に一番近い場所の放射線量の計測値には異常
はみられない。

しかし、だったら安全であるとなぜ公表しないのか。
住民のパニックを避けるためにという理由も、ここまでくれば説
得力に欠けるものではないか。状況はますます悪化している。
なぜライブカメラも一台だけなの?万が一のときに、人を避難さ
せたいと考えているのであれば数台は設置するでしょう?

様々な学者が事故当初に安全だとデマを流していたが一部のジャ
ーナリスト(上杉隆など)はメルトダウンを警告していた。
広河隆一は3月15日双葉町に訪問した際、持参したガイガーカ
ウンター(1000マイクロシーベルト)がメーターを振り切っ
てしまい町を行き交う出会う人すべてに避難を警告したという。
そのとき、国は放射能汚染に対する情報は一切出していなかった。
パニックをさけるためにとはいうが、それが原因で大量の被爆者
を出してしまっては意味がないだろう。

実際はメルトダウンどころかメルトスルーを発生させていた事実、
原発事故は確実に情報統制が敷かれていると感じた。

私は皆を怖がらせたいわけではない。普段から慣れ親んだテレビ
や新聞が情報統制を行っている限り、本当の情報を見極める力と
正しい知識を身につける必要性が高い時代になったと思うのだ。

一瞬の閃光とともに全ての核エネルギーを放出する核爆弾と違い
福島第一原発から放出され続けている放射性物質は安定した状態
になるまで落ちた場所で放射線を出し続ける。

妊婦や子供たちを内部被ばくから守らなければならない。

チェルノブイリ原発事故から8年後の現実
http://www.youtube.com/watch?v=0rFYHpmta_0&NR=1

コメント

本当になぜですよね。

3月12日の爆発したときも、地元のテレビ局では原発の中継映像を流していたので爆発の瞬間をリアルタイムで見ていました。
私の住んでいる地域では、関東系の番組も受信出来るのでチャンネルを回してみるもどこでもやっていないんです。

原発が爆発を起こしたと発表されたのはそれから2時間以上経ってからでした。
発表されるまでとても恐怖でした。

新聞に、爆発当時原発の近くに居た自衛隊の方のお話が載っていました。
「物凄い爆発で、生きて帰れないと思った。」と載っていました。
凄まじさが伝わってきました。

今のところ線量は安定しているので、これからどうなるかですよね。
未だに終息出来てない現実。

郡山市などでも、九州や沖縄に避難をし始めている方が居ることも耳にしたりします。
でも、まだまだ避難していない子どもたちがいます。
どうやったら避難してもらえるんだろう…と考える日々です。

とても怖いのが無関心だと思うのです。
そんな方は、放射能放射能と何をそんなに神経質になっているの?と思うのだそうです。

人を変えることは難しい。または、出来ないんですよね。
誰かを変えたいと思ったら、先ずは自分を変えなくてはならないと思うのです。みんな一人ひとりがそんな気持ちになれれば、物凄いパワーで世界は劇的に変わると思います。

未だに原発推進をしている方は一体なんなんでしょうね?

物質的価値観と経済市場主義…。
どうにか出来ないものかと思います。
そこまでして売らなきゃいけないの?と…。
車にしろ野菜にしろ…。
確かに経済をまわすのは大切だと思いますが、経済の豊さと心の豊さは比例するものではないと思うのです。
  • 2011-06-14 23:35
  • やーま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。