Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変革

20081225101645

今日はクリスマスでしたね。先日、芝公園を走っていたのですが、どうりで道が混んでたわけだ‥。

東京タワーが50周年を迎え、彩り鮮やかにお化粧していました。

耳を疑うニュースが連日報道されていますねー。
どうしても重苦しい気分になりがちなのですが、大きな変革の時期を迎えていることも紛れのない事実です。夜明け前の夜が一番暗いもんだ。

私はビジネスマンなので、特にトヨタグループの創業以来初の赤字転落というニュースには驚愕し、関連企業へ電光石火に訪れるダメージを憂い、畏れ戦いております。今回の不況へ向かうスピードは不用心な蛙の子が蛇に一瞬にして飲み込まれるようなものかもしれません。とにかくなにもかもが目まぐるしい。

今回の未曾有の事態を実はたくさんの知識人が予測していましたが、まさか本当に訪れるとは‥と思っている方々も多いはず。

今読んでいる本では、資本主義という怪物が断末魔をあげて、のたうちまわっているようだと比喩しています。なるほどね。

今までにも大きな不況を幾度となく日本という国は、経験してきました。

コンポジットインデックス(通称CI景気動向を示す指数のこと)によると、日本の景気後退は去年の11月頃からスタートしていると判断できるのですが、ではあとどのくらいこの不況が続くのでしょうか?

日本が経験した過去四度の大不況、第二次オイルショックやバブル崩壊などを振り返ると、景気回復に要する期間が約三年かかっています。ということは少なくともあと二年はこの状態が続くとみてとれるわけです。

派遣切りなどは分かりきっていたことで、どちらにしても09年度には派遣雇用契約期間(三年間)の期限が訪れるわけだったのですから、大量の解雇が発生する予定でした。企業にとっては今回の金融破綻に乗じてしまうほうが好都合なのでしょう。

しかしビジネスというものは儲かっているうちはいいのですが、こうなってしまうと本当に辛く、厳しく、脆いものだとつくづく感じました。

私においても同様であり、決して他人事ではなく、まさに『目の前の危機』であることに間違いありません。

親交の深い心のお師匠さんにこれからの時代、何が大切かを尋ねたところ‥
以下のお手軽をいただきました。

【こんな激動の時期、
会社と会社の関係や、会社と人との関係は、いとも簡単に崩れてしまう。

人と人との関係も、大雑把な関係は用をなさない飾りにしかならない。

しっかりとした、人と人との関係は、人がその人のために頑張ってくれ、信頼でき、信用できると言うことですね。

それを作り維持するポイントは、信用です。
信用は日頃の実行力、有言実行しようする姿勢によって裏付けられ、試され評価される。

いかに、実行しようする姿勢が大切か…。

それの積み重ねが人を呼び込み、安定した人生を作っていくのだろう。

この経済が大変な時期、それを知ることでそれ以降の生き方を変えられますよ。

吉田】

今日は東川口の地主へ飛び込み営業祭りです!
初心に戻り、気合い入れて自分売ってきます!!

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。