Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

訪問介護 定額で24時間へ

DVC00322.jpg

医療・介護業界の人達にとっては、とても大きなニュースが飛び込んできました。

【厚生労働省は2012年度の介護保険制度改革で、定額負担で利用できる
24時間型訪問介護サービスを導入する検討に入ったと日経新聞が17日報じた】

ざっくり言えば、定額を支払えば自宅で複数の介護サービスを一定量
受けられる仕組みだ。
利用した分だけコストがかかる現行の制度に比べて、使いすぎによる負担
増を防げる。いわゆる「包括定額方式」というわけだ。

現行制度の訪問サービスは使った分だけ費用がかかる「出来高払い」なので
ニーズの高い深夜や早朝のおむつ交換などは、運営事業者のコスト増や職員
配置難などの理由で、サービス提供が進んでいない。そりゃそうだ。

訪問介護事業所を併設する高齢者住宅運営事業者にとっては、大変朗報な
ニュースだが、気持ちで動いていただいているまじめな訪問介護事業者にとって
問題はその金額(報酬)だろう。
そして高齢者住宅事業者にとっては、その対象の限定が行われるかどうかだ。

もしこの法案が通れば、最終的には、介護付き有料老人ホームと
高齢者専用賃貸住宅の垣根はそれほどなくなるのではないか。
うーむ。なんか高専賃が外されるような気がする・・。考えすぎか・・。

この業界は制度(新法案)に左右されやすいとは聞いていたが、実際に自らの
事業展開にも大きく影響することになると肌で感じるニュースである。
実に面白い。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。