Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

中国でビジネスをしよう




先日、当社顧問弁護事務所からお誘いをいただき、
セミナー「中国でビジネスをしよう」へ参加してまいりました。
写真は六本木ヒルズクラブ。

中国でのビジネス展開には、以前から大変な興味を持っておりまして、
こうした中国現地の現状をよく知る方々との交流は大歓迎です。

中国の建築事情ですが、知れば知るほどひどいものです。
北京五輪のために建設された橋がわずか三ヶ月で倒壊した事故や、
温州の中国銀行ビルが建設中にもかかわらず、品質に問題があったため
解体爆破され、80億円の建設費用が無駄になった話など、建築品質の
基準を満たしていない工事が横行しているといいます。

2008年5月に発生した四川大地震。
コンクリート造の大きな校舎が脆くも崩れ落ち、たくさんの子供達が
命を失いました。
その劣悪な建築品質の実態が世界に大きく報道された例ともいえます。

品質基準を満たしていない建材を製造する業者が、中国で使用される
建材の約4分の1を占めるという情報もあります。

こうした偽装が恒久化している現状は、急激な経済成長に伴う
中国の「影」の部分のひとつといえるかもしれません。

我々日本のビジネスマンが、中国でのビジネス展開を行うためには、
文化や倫理の違いなど、多くの課題が残されている半面、想像を越える
ビックチャンスが存在することも事実といえます。

新富裕層(200~1500万円の年収所得層)と呼ばれるミドルゾーンの人口は、
全土で4億人を越え、安全面を考慮した良質な住環境の整備は、
まさに中国の課題です。

我々が開発を進めてきたスチールパネル工法は、世界一ともいわれる
日本の厳しい構造・耐火性能審査基準をクリアした、世界最高峰水準の建築工法です。

もしこの工法を中国で普及させることが出来たら‥と、どうしても考えてしまいます。

それこそ人生を懸けた大きな勝負となるでしょうね。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。