Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

介護施設は大変なのかしら

7月より特別養護老人施設の看護師として勤務する予定です。この投稿を読ませていただき、少なからず早まったか(就職)と思ってしまいます。夜勤もなく入居者の医療管理を担当と言われたのですが・・・。

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

特別養護老人ホームの実態ルポ、あと素朴な疑問について

神戸新聞の記事で特別養護老人ホームの夜勤密着ルポが掲載されていた。
現場の雰囲気がよく分かるので興味のある方はぜひ一読。

☆絶えぬコール、緊張の夜勤 神戸の特養施設ルポ
21日、神戸新聞→

『介護の担い手でありながら、重労働や低賃金などから、施設の介護労働者は「5K」とも呼ばれる。人員が手薄な夜間勤務は、長時間の緊張で神経をすり減らし、十分な休憩時間もとりづらい。神戸市長田区の特別養護老人ホームの一夜を再現する。(萩原 真)』

【午後8時45分】
「内出血に気をつけてください」

主任の白井由美さん(30)=仮名=が職員2人から申し送りを受ける。この夜は入居の15人とショートステイの10人を1人で担当。69~101歳。ほとんどの人に認知症がみられる。

介護施設で深夜帯に入居者の対応をする職員は「夜勤」と呼ばれる。この施設では、翌日の午前9時15分までが勤務時間だ。しかし、ほかの施設では人員不足などから、夕方から夜勤体制に切り替わり、連続で16時間働くことも珍しくない。

【午後9時34分】
翌日の朝食準備をしているとPHSが鳴った。発信場所のトイレに走る。中に入った車いすの女性(94)が、介助を求めてコールボタンを押していた。

【午後10時30分】
朝食準備を終えると、1回目のおむつ交換の時間。シャツがぬれてしまった男性を抱え車いすに乗せると、隣室からPHSが鳴った。女性(99)が室内のポータブルトイレに座ろうとした際、離床をセンサーが感知したようだ。女性の介助を終え男性のもとへ。「寒いのに待たせてごめんね」

特養の介護・看護職員の最低基準は国の省令に基づき、入居者3人につき1人と定められているが、交代勤務の仕事のため、実際の配置はそれを下回る。介護報酬では、夜勤の職員1人あたり入居者20~30人を担当するのを想定している。

白井さんが働く特養は全室個室、入居定員60人で、定員10人のショートステイを併設している。この夜は上階で2人の職員が約20人ずつを担当。電話や緊急時にのみ対応する宿直者が事務所に1人詰めている。

【午前1時54分】
おむつ交換の途中、PHSに入居女性から着信がある。寂しさからか、夜間は頻繁にコールする。「寝ましょう」と話し部屋を後にしたが、1、2分おきに8回連続の着信。再び女性の部屋に行くと、コールボタンを握りしめたまま眠っていた。

介護労働安定センターの2007年調査では、夜勤は平均月4・5回で、職員1人あたりの担当人数は20~24人が最多(35%)。25人以上も約26%いた。1人夜勤の約39%が「仮眠はとれない」と回答。08年調査では、入所施設で働く人の約65%が人不足を、半数以上が夜間の事故の不安を感じていた。

【午前3時21分】
巡回と体位交換を終える。廊下では先ほどの女性が車いすでトイレに向かう途中、言葉にならない声を上げていた。

夜間の負担軽減のため、国は09年の介護報酬改定で、夜勤職員を加配した施設に報酬を上積みするようにしたが、「最低基準そのものが低過ぎる」という指摘もある。

【午前7時】
お年寄りを起こし、身支度を手伝っていると、同僚が出勤してきた。この夜で備品補充など20の業務をこなし、PHSへの着信は60回以上に上った。仮眠はおろか、席を温める間もなかったが「何事もなくいつもより平穏でした」。白井さんは安堵(あんど)の笑顔を見せた。


うーん。とにかく大変そうですよね。

日本が抱えている超高齢化の波は、世界中どこの国にも例の無い
大波として、この日本に打ち寄せていることを感じます。

どこかの医療法人の事務長がおっしゃっておりましたが、
日本の超高齢化社会現象は、まさに今よりも状況はますます厳しくなり、
孤独死、老老介護、家族の負担増、介護疲れによる・・などは
日常茶飯事の状況を迎えることになるのではないかと不安視されています。

素朴な疑問なのですが、なぜ国は介護や医療にかかる費用をこんなにも絞り、
訳の分からない負担を国民へ強いるのでしょうか?もっと介護や医療に対する
給付費用を手厚くして、より良いサービスを行なえる環境を整えるべきでは?
そう思ってしまうのですが、その素朴な疑問を色々な人へ投げかけてみました。

ほとんどの人が、国は莫大な借金があるから金がないのでは?と答え、
本当にそれが理由なのか今色々と調べています。

国が国民に対して年間に支払う社会保障費がいくらぐらいだと思いますか?
(※社会保障費とは・・政府の歳出の中で年金や医療、介護など社会保障にかかる経費のこと)

社会保障給付費 91兆4,305億円(平成19年度)

部門別でいうと・・
「医療」31.7%(28兆9,462億円)
「年金」52.8%(48兆2,735億円)
「福祉その他」15.5%(14兆2,107億円)なんだそうです。
また、そのうちの年金保険給付費、老人保健(医療分)給付費、
老人福祉サービス給付費及び高年齢雇用継続給付費を合わせた高齢者関係給付費は、
平成19年度には63兆5,654億円となり、社会保障給付費に対する割合は69.5%。

ちなみに社会保障財源の収入総額は100兆4,289億円(平成19年度)。
もっと社会保障にあてる財源を増やせば、先に載せた負担などは軽減されるのでは
ないでしょうか?

ちなみに今この国が抱えている借金が・・
800兆円とも900兆円とも言われておりますが、そもそもこの借金って
誰から借りていて、誰に何時までに返さなくてはならないものなのでしょうか?

国(政府)は国民からお金を借りています。

国(政府)の借金は、国債を発行することでまかなっています。
政府が国債を発行し、銀行や保険会社が国債を買い取って代金を支払います。
この代金が国の予算に借入金として入るわけです。

つまり、政府にとっては国債は借金ですが、国民にとっては債権
(取り立てることのできるお金)になります。
もちろん国は、借金に対する利子を支払っていますので、
国が国債の利子を払うと、銀行の預金の利子となって国民のところに帰ってくるわけです。

国民の個人金融資産が1300兆円とも1400兆円とも言われています。
また、国の金融資産も470兆円以上あるわけですから、なーんだ、まだまだ
余裕じゃないかと思ってしまうのですが、いかがでしょうか。

ちなみにわが国の国債の約93%は国内保有、言い換えればほとんどが国民の資産。
海外の国にしこたま借金しているのであれば、なんだか怖いおじさんたちが
取り立てに来そうな感じですが、日本人が日本人のために借金をしているのであれば、
なんだか何とかなりそうな気がしませんか?

国民の一人当たりの借金が・・などと、あたかも政府の借金を国民が
背負っているかのような誤解を与え、いたずらに財政危機を煽(あお)ることは
明らかに誤りであるといわざるを得ないのではないでしょうか。

必要なところに必要なお金を使う時代。
日本も年をとってきたのだから、この日本を支えてきたお年寄りの皆様に
より良い老後を送っていただくために使うお金こそ、本当に必要なお金なんじゃ
ないでしょうかね。長くなりましたが、今日はもう帰ります。

コメント

介護施設は大変なのかしら

7月より特別養護老人施設の看護師として勤務する予定です。この投稿を読ませていただき、少なからず早まったか(就職)と思ってしまいます。夜勤もなく入居者の医療管理を担当と言われたのですが・・・。

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。