FC2ブログ

Entries

老老介護について

老老介護という言葉が恒久化してきました。

今日のニュースに80歳の妻が夫の介護に疲れ果て、
殺虫剤を飲ませ殺害し、自らも自殺を図ろうとした
悲しい事件が載っていました。

遺書には「介護に疲れた」と書いてあったそうです。

私は、自宅で介護を続けなくてはならない理由として
「お金」の問題が往々にしてあると考えています。

もちろん愛する家族のために自らが介護・看病を
行なうことは、当たり前の行動であり、出来ること
ならば、家族の力でと願い行動している方々が
たくさんいらっしゃいます。

しかし、今回の事件のように高齢の方が、さらに
高齢の方を自宅で四六時中介護を行なうということは、
おそらく想像を超える苦労があるのだと思います。

少ないお金で、愛する家族を安心して預けられる
高齢者住宅があれば・・。その存在を知っていれば。

我々に出来ることは見えています。
自分たちが今まで身に付けてきた技術を活かす。
活かすことで、少しでもお役に立てる現実を作る。

社会の一員として、決して見過ごしてはならない
こうした悲しい事件を自らの力で未然に防ぐことが
少しでも出来るのであれば、私たちは自らの仕事に対する、
更なるやりがいを持てるのだと信じています。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives