Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

ニューヨークシティバレエ鑑賞など・・

091013_102300_convert_20091013104019.jpg

連休はゆっくり過ごしました。

最近は、週末にも、なんかかんか働いていて、多少の疲れも出ておりましたが、
年内の売り上げ予測や資金繰り、諸々手配など、粗方の予定が立ちましたので
気持ち的にも多少の余裕が生まれてきたようです。決して油断はしていませんが。

五年ぶりに来日した「ニューヨークシティバレエ」作品も観てきました。
私はプログラムAを見てきたのですが、圧巻でした。

ニューヨークシティバレエの創立者および初代芸術監督、
ジョージバランシンが1935年に初演を行った「セレナーデ」、

20世紀モダニズム・バレエを代表する難解作品、「アゴン」、

ガラ・コンサートの定番として頻繁に上演される「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」、

そして、ミュージカル史上最高傑作ともいわれる「ウェスト・サイド・ストーリー」、
(ニューヨークシティバレエによる同作品は意外でした)

1935年に生み出された作品「セレナーデ」が、
74年経った今もなお、色あせずに観るものへ感動を与えることが凄い。
また、モダニズム建築が極言すれば「ただの四角い箱」であるように、
モダニズムバレエの大きな特徴が「削ること」だとすれば、
ここまでそぎ落とした作品は、逆に、見るものへ想像力を与えるのだと感じました。

柄にも無くと、よく言われますが、私はバレエに強く惹かれます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。