Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画と文化と国の力

20090520212850
今夜もひとり映画館へ来ています。

これから観る映画は『チェイサー』という韓国映画。内容はあまり興味が湧くものではありませんでしたが、韓国で500万人もの動員数を記録した映画という点で観る価値ありと判断した。

あらゆる国が戦争を繰り返していた時代、世界大不況の最中、アメリカという国は文化価値の向上こそが世界を覇権する条件であると、音楽や演劇に力を入れ、そしてハリウッド映画を創り上げた。

よく考えてみればハリウッド映画というものは世界標準をつくってきた気がする。世界中の人間はハリウッド映画を観、そして真似をしてきたのだ。

しかし世界の力関係はいま、変わりつつある。確実にアジア覇権の時代に入ったのではなかろうか。

では観てまいります。

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。