Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第9回日本の福祉現場力を高める研究大会」 ~未来の社会は介護現場から創る~


IMG_3836_convert_20160226142813.jpg

日比谷公会堂で「第9回日本の福祉現場力を高める研究大会」
~未来の社会は介護現場から創る~というテーマで開催されました。

私は二部の「地域社会に求められる介護の専門性とは」というテーマでパネリストとして
参加させていただきました。会場には400名を越す来場者があり、盛会となりました。

私は経営者なので、経営という視点から介護の専門性を考えてみました。
いまは引く手数多の介護という職業ですが、時代の移り変わりとともに、いずれその役目を
終えるときが必ず来ます。

私は「介護」とは非常に高いクリエイティブ性を求められる職種だと思っていて、
特にホスピタリティという点ではどんなサービスに置き換えても通用するスキルを身に
つけている人たちが介護士だと思っています。
そのスキルを活かし、まったく別の事業で力を発揮することもやりようによっては可能です。

たとえばホテル業など。会場でリゾートホテル業の構想を紹介したら、となりに座っていた
パネリスト加藤忠相に笑われました。笑

これから求められる介護職の専門性とは、おむつ交換や入浴介助といったスキルを磨くこと
ではなく「高齢者がいかに自立した生活をおくることができるかサポートすること」に尽きると
思っています。誰だって人の世話になって生きたくないというのが本音だと思います。
だからこそ、できることを奪うのではなく、どんな障害を抱えていても、生きる意欲を失わず
最後まで元気に生きてもらうこと。

image1_convert_20160226151118.jpg
※舞台に上がる前にメイクしてもらってご機嫌のパネリストたち

パネリストの皆様、とても楽しかったですね。そして、メンバーを集めてくださった高瀬さん。
本当にありがとうございました。

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。