Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護保険制度に頼らない事業の構築


財務省主計局が発表した財政制度等審議会における社会保障制度改革の内容(要介護1.2の
地域支援事業移行)を受け、最近は、どうやったら介護保険制度に頼らないサ高住事業を
構築できるか、そのことばかりを考えている。

IMG_3920_convert_20150513185047.jpg

昨日は、栃木県の街中サロンなじみ庵へ。
この場所は、飯島恵子さんと地域住民の皆さんで作り上げてきた10年間の思いやりの歴史だ。
こんな素敵な場所が家の近所にあれば、他の地域から移り住んできたよそ者だって生きていける。

要介護1の認定を受けている利用者が仰っていた、自宅での生活を続け、這ってでもなじみ庵へ
通ってやるという決意は、介護保険制度に翻弄される介護業界の限界を表すものだと確信した。

介護保険制度を利用しなくても、多少の障害があったとしても、最期まで自分の力で生きてい
ける人生の方が何倍も幸せなのかもしれない。

IMG_3933_convert_20150513185010.jpg

人は役割や生きがい、そして、心の立ち寄り場所が必要だ。私たちが運営を行うサ高住銀木犀
を人の役割や生きがい、自分の意思で生きる力を奪う場所にしてはいけない。ましてや、
工夫をすれば必要なくなる訪問介護サービスを行なうことで事業の継続性を担保する事業にし
ては絶対にいけないと心から思う。

村上智彦先生著書「医療にたかるな」を読み返していて、「介護にたかるな」の時代が訪れて
いることを強く感じる。そして、介護保険制度に頼らない事業のヒントがなじみ庵にはあるのだ。

IMG_3917_convert_20150513184941.jpg

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。