Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

空間が自然にお年寄りや人々を集わせたり憩わせたりする理論と建築の確立

IMG_5865_convert_20140406004932.jpg

どうしても人が落ち着かないサ高住の大空間。通いの施設と違い、その場所にいなくては
ならない理由のないサ高住は、食事が済めばすぐに慣れたプライベートスペースへ戻って
しまう傾向が強い。

9月Openの 銀木犀<薬円台>設計では、パーソナル空間とソーシャル空間、パブリック
空間を明確に設け、ONOFFの使い分けを生活の刺激として楽しんでもらう仕掛けだ。

普通に考えても、あのだだっ広い空間にいて、心が落ち着くわけがない。かといってユニ
ット型は生活に変化が無さ過ぎる。大空間を小分けにZONE分けする考えは悪くないけど、
おんなじような空間の連続では芸がない。奇抜な発送ではなく、普遍性を感じるデザイン、
いつまでもその場所にいたいと思わせる空間を目指している。

IMG_5921_convert_20140406004958.jpg

もう時間がないと設計から突っつかれている。笑

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。