Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

互助ハウス


IMG_5117_convert_20140305233405.jpg

先日、高齢者住宅財団様よりご紹介いただき、地域善隣事業シンポジウムへ参加して
まいりました。低所得・低資産高齢者の住まいと生活支援のあり方に関する調査研究
について報告がございました。

今回の善隣事業の意義は、日本の地域社会での相互扶助を今日によみがえらせ、また、
善き隣人を育成し、地域の相互支援の仕組みを再構築することにあります。

記憶に新しい「たまゆら」で発生した火災事件。入居者の多くは、東京都からに入居
でした。また、今後は退院後、行き場を見つけづらい高齢者が増えることが予想され
ています。先の診療報酬改定により、急性期病院は在院日数をさらに厳格化されるこ
とになるでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームは高額なため入居できない、特別養護
老人ホームは頭打ち、公営住宅は都市部を中心に応募倍率が高い。では介護や医療的
ケアの必要な低所得高齢者は今後どこで生活支援を受けられるのか。
その鍵を握るのは、特にこれまで関係の薄かった福祉と不動産の連携にあると考えら
れます。そう、新たな高齢者住宅の開発です。

全国から注目を浴びている小規模多機能型居宅介護のおたがいさんを見学させて頂き、
これからの高齢者ケアは、利用者の能力を引き出しつつ、それぞれの役割や居場所を
もって相互に助け合いながら、地域での生活が継続できるように支援する事の大切さ
を学びました。

IMG_5118_convert_20140305233324.jpg

今回のシンポジウムで提案された新しい高齢者住宅、その名も「互助ハウス」。

地域の既存資源としての空家(アパート、戸建て住宅等)、空き建物を活用する考え
方であり、入居者の地域でのもう一つの居場所、地域住民との交流拠点的な空間をコ
モンハウスとして設置、住民相互が支え合う地域との繋がり“互助”を醸成する。

高齢者住宅の運営を行っていて感じる大きな課題があります。
それは、居室内部で閉じられてしまい、地域や周辺環境と繋がりが断絶されてしまう
こと。今回の互助ハウスという考え方は、外で過ごすことのできる場所を様々なバリ
エーションでつくることができるわけです。

IMG_5119_convert_20140305233148.jpg

これは非常に面白い試みだと思いました。単身でセルフケア能力が低下しても、安心
して地域で暮らし続けられる条件をどのようにしてつくっていくか。
小規模多機能と組み合わせても面白いし、家入さんがやっている現代の駆け込み寺の
レバ邸なんかと組み合わせてもしっくりきそうな新しい住まい方ですね。地域全体が
大きなコミュニティとなって、助け合う街づくり。人と人とがつながり、支え合う仕
掛けが地域に広がっていく。まさに理想ですね。

池上彰さんの「これからの日本、経済よりも大切なこと」にも書いてありますが、
経済を人間らしくすることは、これから日本が迎える世界に例を見ない高齢化社会に
とって、最も重要なことなのかもしれませんね。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。