Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

その通りだと思います。

延命治療の末亡くなり残された家族は、延命治療を行ったことに対して、本当にあれでよかったのだろうか?と後で必ず悩むそうです。
結局のところ家族間、病院との間のコミュニケーション不全が原因だと思うのです。
普段から話をして、死についても語り合う。エンディングノートを書くことも大切だと思います。
エンディングノートは、自分の意思表示にもなりますし、残された家族への思いやりでもあると思うのです。

普段から準備と心得があれば、自宅で延命治療を希望しないお年寄りの状態が急変しても、救急車を呼んでしまい知らない病院へ運ばれ延命治療をされてしまうということも減るのではないかと思うのです。

そして、自然死を理解してくれる掛かり付け医か往診してくれる医師を見つけて関係を築くことも大切だと思います。
何かあったときは、救急車ではなく良き理解者の医師に連絡するという環境が広がれば良いですね。

医療が進歩して良くなった部分もありますが、負の部分が延命治療の問題として表れてきていますね。
自然が一番!
  • 2013-12-07 20:02
  • やーま
  • URL
  • 編集

Re: Facebookへのシェア

> 自分のFacebookにこの記事を全体公開でシェアさせていただいてもよろしいでしょうか。

もちろんですよ!いつもありがとうございます。
  • 2014-01-08 15:03
  • 下河原忠道
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

高齢者ご本人の意思を尊重します


写真-8_convert_20131207020649

銀木犀<鎌ヶ谷>の入居者にどこでどんな風に終末期を迎えたいか意向確認をとったら
98%の方が自分のお部屋で自然な看取りを希望した。延命治療は一切希望していない。

ではなぜ今その希望が叶えられないのですか。時代と共に考えが変わった?いやそんな
ことは決してないはずだ。昔から死は生活の一部で、家で看取るのが当たり前だった。
それが病院に変わっただけ。

家族は一分一秒でも長生きしてほしいと願う。その気持ちは分かります。
でも寿命がくるとどんな動物も食べられなくなるんだ。そして病院で死ぬことが当たり
前になった日本人だけは、そこに病名がつけられて治療が始まる。病気じゃないのに。

病名をつけて治療してあげたい医師と、治してもらいたい家族が団結する延命治療。
それって本当に本人が希望していることなの?現実逃避じゃないの?
要介護高齢者を特別扱いなんてしていない。同じ人間だし、生活していく上で支えが必要
だから支えるし、それで飯食ってる俺たちも結局は高齢者に支えられている。当たり前の話。
だからこそ私は高齢者の、あくまでもご本人の希望を尊重したい。

コメント

その通りだと思います。

延命治療の末亡くなり残された家族は、延命治療を行ったことに対して、本当にあれでよかったのだろうか?と後で必ず悩むそうです。
結局のところ家族間、病院との間のコミュニケーション不全が原因だと思うのです。
普段から話をして、死についても語り合う。エンディングノートを書くことも大切だと思います。
エンディングノートは、自分の意思表示にもなりますし、残された家族への思いやりでもあると思うのです。

普段から準備と心得があれば、自宅で延命治療を希望しないお年寄りの状態が急変しても、救急車を呼んでしまい知らない病院へ運ばれ延命治療をされてしまうということも減るのではないかと思うのです。

そして、自然死を理解してくれる掛かり付け医か往診してくれる医師を見つけて関係を築くことも大切だと思います。
何かあったときは、救急車ではなく良き理解者の医師に連絡するという環境が広がれば良いですね。

医療が進歩して良くなった部分もありますが、負の部分が延命治療の問題として表れてきていますね。
自然が一番!
  • 2013-12-07 20:02
  • やーま
  • URL
  • 編集

Re: Facebookへのシェア

> 自分のFacebookにこの記事を全体公開でシェアさせていただいてもよろしいでしょうか。

もちろんですよ!いつもありがとうございます。
  • 2014-01-08 15:03
  • 下河原忠道
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。