Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

アリスのドアみたいです。
  • 2013-05-27 21:11
  • アラサー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

高齢者にとって心地よい場所とは


IMG_8627_convert_20130515134958.jpg

年度内に新たに建築される直轄運営のサービス付き高齢者向け住宅 銀木犀。
全体のプランニングから始まり、外構、外観、門構え、室内空間から設備、素材
の選択までありとあらゆる設計を頭の中で行い、図面に描き入れていきます。


高齢者の本当に心地いい場所ってどういう所なんだろう。


DSC_0105_convert_20130515142400.jpg

銀木犀<市川>では、玄関までのアプローチに緩やかなカーブ道をつくり、ゆっ
くりと歩きながら木々を楽しむ計画としました。ガーデンは株立ちの複数本の幹
が立ち上がった植木で構成し、自然な風情の佇まいを再現します。素人造園家の
想像力が試されました。低木も高木もすべて自分たちで選びました。

このアプローチガーデンをなぜ作ったかというと、こうした居住系施設へ入居を
する高齢者は、どうしても入れられる感を持ってこの地へ訪れます。本当はあっ
たかくて楽しい「共同住宅」なのに。そこを変えていきたいという思いから、
いい意味で期待を裏切りたかった。

DSC_0668_convert_20130515135552.jpg

様々な高齢者施設の建築を視察して思ったのですが、どれも「これ!」っていう
答えはない。どんな場所だって、どんな空間だって、そこに温かいケアと人間関
係が存在すれば天国にも地獄にもなりうると思ったから。

なんだかんだいってもやっぱり「ひと」だと思うのです。

DSC_0671_convert_20130515135836.jpg

しかし、建築の持つちからっていうものは、確実に存在していて、それはまるで
魔法のようにその場にいる人々へ影響を与えています。モダンでカッコいい空間
も好きなんですが、どこかやわらかでなつかしい隙間のようなものが見え隠れす
る「肩の力がぬける」場所をつくりたいといつも思っています。
モダンとノスタルジーの組み合わさった空間とでもいうのかな。

DSC_0683_convert_20121031163942.jpg

でも結局は高齢者とかなんだとか分け隔てることなく、人や動物や植物が気持ち
よく生活している場所に育てていくことが大切なんだと最近は思っています。

DSC_0645_convert_20130515140035.jpg

予算の少ない高齢者住宅でもここまでやれるんだっていうやつを今年も作ってや
ろうと燃えています。



コメント

アリスのドアみたいです。
  • 2013-05-27 21:11
  • アラサー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。