Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

こんばんわ

ここに書かせてもらうのはどうかと悩みましたが どうしても朋チャンに伝えたくて...

わたしは朋チャンが大好きで大好きで 今もカラオケで歌ったり ファンクラブの会報 雑誌の切り抜きを眺めたりしています

テレビから流れる歌声に鳥肌がたち 涙が溢れました
画面に映る朋チャンの笑顔に少しだけ安心しました

繊細な朋チャンだから また壊れちゃうんじゃないか とても心配です

でもずっとわたしは朋チャンを見守っています
大好きだから

来週の新曲発売楽しみにしています

またコンサートやファンクラブ設立もしてくださいね

朋チャン 生きていてくれて ありがとぅ


ほんとに大好きです

ずっとずっとずっと応援しているからね
(*^_^*)
  • 2013-04-13 00:09
  • さぉりん
  • URL
  • 編集

お久しぶりです。

お疲れ様です!私は、4月から転職し、都内の地域包括センターで主任ケアマネとして働いています。また違う立場や角度で勉強していきます。忠通さん、朋ちゃんの頑張りは、私の心の糧になります。無理せず。一歩ずつ前進したいですね。ずっと見守っています。
  • 2013-04-13 01:59
  • run
  • URL
  • 編集

はじめまして

はじめまして、繭と申します。
ブログの内容と、関係の無いコメントで、失礼致します。
私は、華原朋美さんの大ファンです。デビュー当時、12歳だったのですが、ずっと唄ってました。
私は、19歳の時にパニック障害と、診断され、30歳になる今でも、通院と薬は続いてます。
でも、朋ちゃんの復帰が、本当に嬉しくて、勇気をもらいました。
先日、放送された僕らの音楽を拝見して、閉鎖病棟で唄っていたと、聞き、涙が留まりませんでした。
朋ちゃん、本当にありがとうございます。
私も、頑張ります!

お久しぶりです。

泣けるブログ、ありがとうございます。
いつも見ています。
忠通さんの情熱は同世代として誇りに思います。
鹿児島にもぜひいらしてくださいね(^^)
  • 2013-04-14 05:14
  • 森田
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

サ高住 銀木犀の役割と代表の考え


今日はサービス付き高齢者向け住宅 銀木犀の役割について代表の考えを記述したい。

平成24年度の介護報酬・診療報酬の同時改定が「地域包括ケアシステム」構築に向けての
スタートとなり、望む地域に望む住環境で住み続けられる体制をどのように整備していく
かが課題となる時代となった。

「定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス」やサービス付き高齢者向け住宅など今後、
目玉となる新しいサービス形態も登場し、まさに「その人が望む個別ニーズに対応する住
環境整備」はケアシステムの未来像といえる象徴だ。

当社では一昨年より千葉県鎌ヶ谷市においてサービス付き高齢者向け住宅(以下 サ高住)
の運営を行っており、認知症対応型小規模住宅グループホーム銀木犀<川崎>に続き、医
療対応型サ高住の開設を行った。
地域包括ケアシステムの中でも自宅やサ高住などの居住系向けサービスは中心に位置付け
られており、その人らしい生活を送る事ができる住まいを中心に要介護状態になっても、
どんな疾病を抱えていても、住み慣れた地域で介護・医療が適切に受けられるような体制
整備が今まさに急ピッチで進められているのだ。あくまでも住み慣れた地域にである。

当社が開設を行った、医療対応型サ高住 銀木犀<市川>も同意義、同形態だ。
銀木犀の行動指針に「たとえからだに不自由があり不具合を抱えていてもその人自身が日々
穏やかな生活を感じることができるような ささえる医療 を提供する」とあるが、今はまだ
お元気で医療的ケアの必要ない方が、もし万が一、医療的対応が求められることになっても、
退居せざるを得ない状況を絶対に作らないという堅い意思で指針したものだ。

一次医療は地域の在宅療養支援診療所に委ね、二次医療は入院設備のある中小の病院、そし
て三次医療は高度医療の大手病院。こうした合理的な医療体制をとっくに整える必要のあっ
たわが国は医療のフリーアクセス見直しを含めた抜本的社会保障制度改革が求められている。

私は、高齢者医療は変革のときを迎えていると考えている。また、介護側の受け止め方につ
いても、変革を求められている時代であると認識し行動を始めている。高齢者の延命治療に
関しても、様々な方法がある中で、介護事業者が責任を問われないためだけ、効率化だけを
重視した今までの常識ルールを健全に否定し、社会全体を考え本質をとらえた行動を最も尊
重したい。

問題は延命治療に白黒はっきりさせることにあらず、本人の意思、家族との理性的な議論を
軸に、どうしてあげることが一番良いのか自らの良心に従い共に考え悩み行動していきたい。
先日も銀木犀<鎌ヶ谷>では開設1年半年にして7名の方の看取り援助を行った。すべての
方に共通していたのは延命治療を行わずに自然な老衰死を望んでいたことだ。

我々は、適切な医療・看護・介護体制を整わせること以外は文字通り「何もしない」体制を
整え、老衰に対して何もしないことが免責される概念のもと看取り援助を行った。あくまで
もご本人、ご家族の意志のもとである。銀木犀で最期のときを迎えられて本当によかったと
ご家族からお言葉を頂く事に誇りを感じている。

先日、体制が整っていないからとの理由で退職願いを出してきた社員がいた。本当に申し訳
ないと思う。ただこれだけは分かってほしい。今まさに我々は船を出航させたばかりの段階
であることを。社会・地域が本当に求めているニーズに応えるべく行動を開始したところな
のだと。私も全力で体制を整え銀木犀を地域に愛される終の住処としていく所存です。

コメント

こんばんわ

ここに書かせてもらうのはどうかと悩みましたが どうしても朋チャンに伝えたくて...

わたしは朋チャンが大好きで大好きで 今もカラオケで歌ったり ファンクラブの会報 雑誌の切り抜きを眺めたりしています

テレビから流れる歌声に鳥肌がたち 涙が溢れました
画面に映る朋チャンの笑顔に少しだけ安心しました

繊細な朋チャンだから また壊れちゃうんじゃないか とても心配です

でもずっとわたしは朋チャンを見守っています
大好きだから

来週の新曲発売楽しみにしています

またコンサートやファンクラブ設立もしてくださいね

朋チャン 生きていてくれて ありがとぅ


ほんとに大好きです

ずっとずっとずっと応援しているからね
(*^_^*)
  • 2013-04-13 00:09
  • さぉりん
  • URL
  • 編集

お久しぶりです。

お疲れ様です!私は、4月から転職し、都内の地域包括センターで主任ケアマネとして働いています。また違う立場や角度で勉強していきます。忠通さん、朋ちゃんの頑張りは、私の心の糧になります。無理せず。一歩ずつ前進したいですね。ずっと見守っています。
  • 2013-04-13 01:59
  • run
  • URL
  • 編集

はじめまして

はじめまして、繭と申します。
ブログの内容と、関係の無いコメントで、失礼致します。
私は、華原朋美さんの大ファンです。デビュー当時、12歳だったのですが、ずっと唄ってました。
私は、19歳の時にパニック障害と、診断され、30歳になる今でも、通院と薬は続いてます。
でも、朋ちゃんの復帰が、本当に嬉しくて、勇気をもらいました。
先日、放送された僕らの音楽を拝見して、閉鎖病棟で唄っていたと、聞き、涙が留まりませんでした。
朋ちゃん、本当にありがとうございます。
私も、頑張ります!

お久しぶりです。

泣けるブログ、ありがとうございます。
いつも見ています。
忠通さんの情熱は同世代として誇りに思います。
鹿児島にもぜひいらしてくださいね(^^)
  • 2013-04-14 05:14
  • 森田
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
 
管理者にだけ表示を許可する

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。