Entries

スポンサーサイト

銀木犀 craft work project の目的

銀木犀CRAFT WORK PROJECTもいよいよ本格的になってまいりました♫この1年間は様々なクラフトワークを楽しんでもらい、自信をつけてもらうことが目標。そこからガチの商品化を目指します。人は役割を持つことで生きがいを見いだすことは間違いありません。私はいつも入居者にヒマダヒマダとぼやかれるのですが、正直心の中ではこんな風に思っています。「そんなことを言っていないで、自らできること、やれることをみつければいいの...

銀木犀職員研修と看取り方針について

最近は、サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀」における職員研修に力を入れています。私たちは、看取りの場が病院一極集中になっている現状を変えたいと思い、行動しています。本来、高齢者住宅の使命であるはずの「看取りの場の提供」が普及していない世の現状を知ることからスタートです。そして、その取り組みから生まれる具体的、社会的メリットを知る。無知や経験不足から発生する恐怖心を語り合い、生活を共に過ごした入居者...

銀木犀 craft work project (陶芸編)

銀木犀では、8月から陶芸療法士を雇用し、入居者による本格的な作陶活動を開始します。入居者の残存能力に合わせ作業を分担し、製作された商品は販売、売上の一部は製作者へ還元されることを目標としています。コスト、デザイン、流通チャネルなど検討・挑戦を重ね、継続性の高い事業を目指します。※写真は憧れの陶芸家 Lucie Rie...

地域医療研究会【絆】に参加

週末、ある会に参加させていただきました。その名も、地域医療研究会【絆】!地域医療に関係する6業界(医療提供者/医療経済・企業家/コミュニティ/看護関係者/介護関係者/政策関係者)から、錚々たるメンバーが東京に集結し、現代の医療・看護・介護について熱く闘論を交わすクローズな会です。東京大学高齢社会総合研究機構特任教授の辻哲夫先生、暮らしの保健室の秋山正子さん、日本医師会常任理事の小森貴先生が会の総覧...

「何を作るか」の前に、「何のために作るか」

PETER ZUMTHOR(ピーター・ズントー1985-1989)という建築家が好き。スイスの知る人ぞ知る建築家で、テルメルバード・ヴァルスという温泉施設はいつか必ず訪れたい。この三枚の写真は、彼が設計したスイスの高齢者住宅。まさに理想の「終の住処」だ。めっちゃ好み。高齢者住宅の設計を追求すると、ビジネス全体をデザインし直すことに繋がるからおもしろい。「何を作るか」の前に、「何のために作るか」が大事だからだ。自分たちなり...

サービス付き高齢者向け住宅の本来の目的とは

※銀木犀<西新井大師>に吹く風サービス付き高齢者向け住宅の運営を始めてから4年が過ぎました。現在までのオープンは、鎌ヶ谷、市川、薬園台、そして西新井大師と合計4棟となります。さらに今年、江東区東砂、千葉県浦安市、と新規オープンが続きます。歩みは遅いけど、その分、着実に運営の中身を修練していくことができました。私が方向性を間違え、ご迷惑をおかけしたケースも多々あったと思います。だけど、とにかく私は、高...

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。