Entries

スポンサーサイト

診療報酬改定による銀木犀の対応

診療報酬改定による同一建物減算の結果を踏まえ、今後の銀木犀の対策会議を重ね進めています。3分の一〜4分の一という前代未聞の大きな減算により、在宅療養支援診療所からの医師の往診を今まで通り行えなくなる可能性があります。銀木犀の運営方針である入居者の重症化予防と終末期の看取り援助、つまりは医療的ケアが担保されなくなることで、その運営方針を遂行していくことが難しくなることが懸念されているのです。ちなみに...

娘が産まれて

娘が産まれてからというもの、長い間独り身だった私の生活は一変しました。自分の家に待っている人、かけがえのない存在がいるということが、こんなにも嬉しいことだなんてね。娘の寝顔を見ていると、なんともいえない気持ちになります。みんなこんな気持ちだったんだね。遅ればせながら、やっと知ることができました。たまらんね。親っていうのは、子どもが産まれたから親になるのではなく、だんだんと親になっていくものだと思う...

2014診療報酬改定「同一建物大幅減算」の謎

2014年の診療報酬改定の詳細が発表されました。はっきり言って在宅の訪問診療を行っている医師たちは混乱しています。施設(サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホームやグループホーム)への訪問診療報酬が大幅に削減される事になったからです。単純に考えて売り上げが1/3~1/4くらいになる計算になります。正直言って、何かの間違いではないかと厚労省の資料を疑いました。「同一建物減算」国は在宅医療への移行に大きく舵取り...

サービス付き高齢者向け住宅における居住者向けプログラムの開発

東北大学加齢医学研究所の川島隆太先生と開発を進めている計画があります。「サービス付き高齢者向け住宅における居住者向けプログラム」です。※学習療法を楽しく行う銀木犀の入居者銀木犀では、昨年度より川島先生とくもん社が開発した「学習療法」を導入しています。(以下学習療法研究会HPより)「学習療法とは、音読と計算を中心とする教材を用いた学習を、学習者と支援 者がコミュニケーションを取りながら行うことで、学習...

シニアサインの導入

NPO法人生活支援サイン代表の近藤禎子さんに「シニアサイン」講師養成研修のため銀木犀へお越し頂いております。耳の遠い高齢者や痛みをうまく訴えられない方との新たなコミュニケーション法として手話を活用する試みです。 「ありがとう」を手話で必ず行うようにすると入居者への感謝の心が自然と生まれてくるような気がしています。銀木犀に一度ご入居された方には、本人が希望する限り最期の最期までケアし続けるお約束をさせて...

銀木犀<薬園台>

銀木犀<薬円台>の外観イメージが固まってきた。今回はマジで設計が楽しい。サ高住の運営やってるから少しは理解できたのか、設計段階からそこに住む人たちが楽しむ仕掛けを盛り込むことができる。と、信じてるだけですけどね。小さな小屋作って野菜の直売所や小さな図書館設置したり、入居者に陶芸や木工や絵を楽しんでもらって地域とのお祭りで販売したり、妄想族やりたい放題です。笑9月オープンの予定で着々と準備が進んでお...

嬉しい報告

銀木犀<市川>の摂食嚥下機能検査の実施で嬉しい報告。前回の検査ではペースト食の継続という診断が、この3ヶ月間、銀木犀の歯科衛生士がアイスマッサージを行い続けた結果、嚥下機能の向上が見られました。本日の訪問歯科医師の診断でペーストから極きざみに食形態を上げることが決定。本人も家族も職員もみんなで喜びました。...

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。