Entries

スポンサーサイト

銀木犀の理念

    「生活(いのち)を支え合う」お互いの生活(いのち)を支え合っているという共感を持ち入居者とスタッフが家族のような関係を目指す高齢者住宅。ずいぶんと時間がかかりましたが、ここにたどり着きました。文面の修正は今後も行っていく予定ですが目指す方向です。私は銀木犀という高齢者住宅が入居する方々にとって、第二の我が家と感じていただくために運営を行っています。また、銀木犀で安心して人生のフィナーレを迎...

銀木犀<市川>の愛すべきインテリアたち

今日は銀木犀<市川>で入居者と共に生活する家具や小物たちをご紹介します。すべて私がセレクトしました。この鶏はスリランカの骨董屋で見つけました。こいつは二匹いて、片一方はシロアリに食われてボロボロです。でもふたりで仲良く並んで居たので一緒に日本へ連れてかえってきた思い出の品です。こちらの鍛冶屋の絵は、私が鉄屋なので気に入って購入しました。白色のキャンパスに青い色が映えますね。この鏡は、三宿のお店で購...

育てる家づくり

銀木犀<市川>にアバウトな掛け時計を飾りました。がしかし、入居者に「これでは時間がわからん」とダメだしをくらってしまった。笑私は家づくりを楽しんでやろうと決めておりまして、意図的に、あえて最初から作り込みすぎないようにしているんですね。高齢者住宅はまさしく「住宅」「おうち」なのですから、あったかくて、なんか落ち着いて、ユニークでなんとなく歴史を感じるものであるべきなんです。建物はいつもピカピカで調...

気仙沼の友

先日、気仙沼で出会った友、けんじくんが東京へ遊びに来てくれました。けんじくんとは、親友の森口と気仙沼に泥かきに行っていたときに出会った友人です。俺らのような部外者を快く受け入れてくれた仲間。こうして離れていてもいつまでも俺らのことを忘れずに会いに来てくれることがとても嬉しくて。今回もいろんな話をしました。まだ街頭が通っていない気仙沼の町をベロベロになって練り歩き、側溝に足を踏み外して落ちた思い出は...

正しい恵方巻きの食べ方

今夜は当社の創業から共に戦ってきた仲間の家にお呼ばれされ、夕飯をご馳走になりました。二段ベッドから一緒に釣りをしてたあんなに小さくて可愛かった子供たちもすっかり成長しちゃってさ、恋の話とか音楽の話とかマジで語り合って。そうそう、ONE OK ROCKのLIVE一緒に行こうぜ!ってことに。笑会社を立ち上げた当時、ボーナスなんて雀の涙程度しか出せなかった苦い思い出なんかを笑い飛ばしてさ。俺の周りにはほんとにあったか...

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。