Entries

スポンサーサイト

ファンの皆様へ 華原朋美より

ファンの皆様へ沢山のお手紙、本当にありがとうございます。いつもいつも皆様からいただく優しい気持ちに私はとても励まされました。応援してくださっている方々の思いが強く伝わりました。私のことを覚えていてくださり、また応援してくださって感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。一年前、自分の身体を治すため、現実を受け止めて自分自身を見つめ直すために、父のいる海外で生活をする環境を家族が作ってくれま...

孤独の美学

今夜と同じように、そのときも彼は自分を孤独に感じたが、すぐにまた、このような孤独が持つ美しさを思い知った。あの音楽の伝言は、凡人たちのあいだにあって、秘密のような美しさを持って、彼に、彼にだけ理解されたものだ。あの星の信号もまさにそれだ。それは多くの肩を乗り越えて、彼にだけわかる言葉でものを言っていた。歩道で誰やらが彼に突き当たった、彼はまたしても思うのだった。「腹を立てまい、僕は、小きざみな足ど...

サービス付き高齢者向け住宅におけるターミナルケア2

本日深夜、ここ銀木犀でターミナルを迎えていたご入居者様が永眠されました。本当によくがんばった。ご家族と一緒に最後の時を迎えることができて本当に良かったと思います。いなくなっちゃうのはとても寂しいことだけど私たちはたくさんのことを学びました。お亡くなりになられたご入居者様は長年、この地域で看護師を努められた方でした。病院を知り尽くした彼女が最後の住まいとして銀木犀を選んでくれた。私は彼女にたくさんの...

離職なんてさせない<銀木犀職員のモチベーション>

銀木犀の職場の雰囲気がとても良いとお褒めのお言葉をいただくことが多くなりました。ご入居者様からもご家族様からも「みんな本当にやさしく接してくれる」そうおっしゃってくれるのです。介護の業界は離職率が高いと言われているのですが、原因はやはり人間関係にあるといいます。銀木犀ではご家族の都合又は健康上の都合以外、人間関係で退職なさった方はまだひとりもいない。まぁ、オープンして三ヶ月なので、これからが本当の...

銀木犀の創作活動(母編)

今日は、母が銀木犀に来てくれました。入居者が退屈して困っていると聞いた母は「じゃあ創作活動を展開しましょう」と具体的かつローコストな提案をしてくれた。母は、子供の愛子方もうまいが、おじいちゃんおばあちゃんのお相手もなかなかだ。今後も定期的に訪れ、ご入居者様の創作活動のレベルを上げていきましょうというのだから、継続的な活動によって創作する楽しみを発見してもらうという前向きな発想に頭が上がらないとはこ...

「これはパンはいらないって合図ですか?」

今日、銀木犀のご入居者様のお孫さんから折り紙をいただいた。ぶーぶーと泣く豚のキーホルダーと交換にね。これはいいものをいただいた。ので、美味しくいただこうとお皿に載せていたら、お店の人に「これはパンはいらないって合図ですか?」って聞かれました(笑)高齢者住宅の運営を始めてからいろんな方との交流が増えて本当に楽しい。もちろん楽しいだけではありません。人の命をお預かりする仕事です。でも、病院でも自宅でも...

変幻自在の営業マン

今日は当社の創業メンバーのひとりをご紹介しまーす!やまさんでーす。やまさんと出会ったのは14年前、LAのゲイパレードでしたね(笑)がはは!やまさんは、若い僕らの会社の年長者。どう?56歳には到底見えないでしょ?実はやまさん、普段は当社の躯体販売事業の現場監督なんだ。しかしどうだい、このスーツの着こなし。バッチリ決まってる。普段現場作業着を着ている人には見えないでしょ。去年から一日足りとも空いたことがな...

ちびっ子達からのラブレター(南相馬市の子供達からのお手紙)

先日、那須へご招待した福島県南相馬市のちびっ子達からラブレターが届いた。うれしくて、うれしくて。ありがとうございます。本当にうれしい。私は自分のこどもこそおりませんが、こどもたちのために何かをしたいと思うおとなのひとりです。また、そう思い具体的に行動しているおとなたちがたくさんいることを知っています。ネイティブアメリカンの少年のことを書いた本で『リトル・トリー』という本があります。ある日リトル・ト...

頑張っている人へご褒美

大丈夫。きっとできるよ。その気持ちがあれば絶対に大丈夫。...

サービス付き高齢者向け住宅におけるターミナルケア

今夜はサービス付き高齢者向け住宅における終末期ケア(ターミナルケア)についてお話をします。サービス付き高齢者向け住宅(以下 高齢者住宅)銀木犀の事業を開始し約2ヶ月半が過ぎました。たくさんのご入居者様と関わり合いを持たせていただき、今までの事業では考えもつかなかった出来事が次々と起こりました。自らの事業が社会と直結する経験といいましょうか、とにかくいま私は、この事業に関わりを持てたことに改めて深い...

シャンブル・ドット

今朝は早起きしてフレンチトーストとか作っちゃったりして。パリのシャンブル・ドットとか調べちゃったりして。ちなみにシャンブル・ドットとは、フランス版B&B、民宿のこと。思い描いたパリの日常。次回の銀木犀で試してみたい企画です。...

ウォール・グラフィック

先日、銀木犀にウォール・グラッフィックを施しました。シールを貼るだけだと思って油断していましたが、なかなか楽しかったです。私が施工している時に、数人のご入居者様がご覧になって、とても喜んでらっしゃるのを見てこうしたひとつひとつの小さな積み重ねも高齢者住宅の経営なんだと思いました。そんなにお金をかけずとも楽しい空間は出来上がるものですね。またどこかにやってみようね。最近、銀木犀がとても良い雰囲気にな...

弟の会社紹介!!

今日、企業調査の依頼をしていた帝国データバンクの営業さんが弟の記事が載った情報誌を持って来てくれた。「弟さん!記事になってますよ!」「マジっすか!!!」以下、掲載記事抜粋させていただきます。企業ZOOM UPーーフィットネス市場の専門商社朋コーポレーション 代表取締役 下河原征道「フィットネス市場では若年層の利用が減少傾向にあるなか、団塊世代の利用は増加傾向にあります」と語るのは(株)朋コーポレーションの...

人に夢を与えるひと

人に夢を与えるひと。夢って人間が生きていく上で一番大切なことって言っても過言ではないと思います。悲しいことやつらいことは誰にだって訪れる経験。でもそんな時に自分を支える夢。夢をモチベーションに、夢を生きていく力にして頑張るひとを応援していきたい。今日は特にそう思う一日でした。私も夢を与えられるひとに。そんなひとになりたいと心から思いました。がんばれ!夢を追いかけているひとたち。大丈夫!夢は必ず実現...

ただいま。

今日は、少し疲れたので早めに戻りました。これからこの本を読みます。山尾三省さん。東京・西荻窪のホビット村の創立に参加、無農薬野菜の販売を手がけ、現在は家族と共に屋久島の廃村に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続けたひと。至福の時を。...

国際福祉機器展2011

ビッグサイトで開催されている国際福祉機器展に行ってまいりました。昨年もこのイベントには参加したのですが、私自身、この一年は高齢者住宅事業に選択集中していたためか、一年前とはまったく視点が異なりとても楽しい、いやもとい、とても勉強になるイベントとなりました(笑)いくつかご紹介しますね。会場にはたくさんの介助犬が活躍していました。背中にさわらないでねって書いてあるのはわかってるんだけどもー、いいこいい...

愛すべき隣国 台湾

少し前に行った台湾の写真を載せますね。お忙しい皆様もぜひ小旅行に行ったつもりでご覧ください。仕事柄、異国へ行くといつも目がいってしまうのが建築物。台湾の建物はいい意味で手作り感がしっかりと残っていて、工業製品で埋め尽くされた日本の建築物とは違う「職人の手の温かさ」がどこかしこと残っているように感じます。そして、台湾と言えばそう、夜の屋台。もう狭い路地の両面にびっしりと埋め尽くされた屋台やお店。今何...

インスピレーション

先日、会社の創業者メンバーで四万温泉に行ってきました。そう、宮崎駿監督もインスピレーションを得たあの温泉宿場町へ。現地へ到着した私たちは一様に「おー!まさに。」と驚いた。映画のシーンそのままだったからである。当社では昔からよく使う言葉があるのだが、誤解なく聞いてくだされ。「パクってなんぼ」いいものを見つけたらどんどん自分のものにしていこうという意味である。決して、なんでもパクってしまっちゃいなよyo...

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。