Entries

スポンサーサイト

カイトボードの魅力

皆さんは、カイトボードというスポーツをご存知でしょうか?カイトサーフィンとも呼ばれるのですが、専用のカイト(凧)を用いて、ボードに乗った状態で、水上を滑走するウォータースポーツなんです。私も昨年始めたんですがこれが最高に面白い!ご紹介させていただきます!まず、腰にハーネスと呼ばれる安全帯のような器具をがっちり巻き、凧の操作を行うコントロールバーを通じてラインをカイトに結び付けます。もうカイトを揚げ...

第3回船橋市地域リハビリテーション研究大会

今日は、船橋市地域リハビリテーション研究大会に参加しています。船橋市立リハビリテーション病院・周辺病院を核として、訪問リハ事業者、通所リハ事業者、鍼灸治療に力を入れているデイサービス、訪問介護・看護ステーション、社福、地域包括支援センターなど、様々な事業者が参加し、なかなかの盛り上がりをみせています。国からの補助金が出なくなった時点で支援体制整備推進事業を終了した都道府県も多数存在する中で、市単独...

企業が変われば解決すること

日本には70万人ものニートが存在する・・・今日は、横浜市にあるK2インターナショナルジャパンが運営を行うY-MAC(よこはまアプレンティスシップセンター)の視察に行ってまいりました。K2インターナショナルのミッションは、さまざまな生きづらさを抱える若者たちと共に生きていくこと 。具体的な活動として、「ニートや引きこもりの若者に対する就労支援対策事業」を行っている団体です。理想論ばかりを追うのではなく、実社会に即...

今より先の自分に

どんなことでも勝負をしている時には仁義なき争いごとに巻き込まれることもある。がむしゃらになっていればいるほど争いごとを勝ちにいくだろう。でも、そんな時ほど立ち止まって全体を見渡すことが必要なんだと思った。誰かが苦しい思いを一手に引き受けてはいないだろうか。誰かの優しさに甘えすぎている自分はいないか。自分さえよければいいと思っている自分の存在を自分自身で打ち消してしまってはいないか。争いごとに勝つこ...

「当たり前」の大切さ

今日、ある法人のトップから質問を受けた。「雑誌、新建築や商店建築に出てくるようなデザインの優れた建物を 造るためには、どうすればいいのだろうか。おたくに頼んだ場合、 あそこまでの建物を造ってはもらえないのだろうか。」確かにそうだ。あそこまでクオリティが高い建物を建てられる腕があれば、ぜったいにそっちのほうがいいに決まっている。もう少しお金をいただければ・・いや、そうではない。お金をいただいても、結...

職場の仲間は家族

先日、大変お世話になっている方からお誘いをいただき結婚披露宴パーティーに参加してまいりました。もうすでにお子様を身籠っているとのことで、お腹の大きい新婦さんと、これからは三人家族としての生活が始まる新郎へ心からのエールを送りました。家族のような職場の仲間がみんなで結婚を祝いました。職場の仲間って本当の家族ではないんだけど、一緒にいる時間はもしかすると家族よりも多くて、ある意味本音で日々ぶつかり合っ...

これが時代の流れというものか

またまた高齢者住宅事業に関係する記事が載っていました。先日の記事ですが、介護療養病床の廃止期限が2017年まで延長されました。当初は11年度末で廃止する予定を6年間延長することになります。まだ廃止の方向なの?と思いますが、さすがは日本慢性期医療協会。力あります。そもそもあの現場を見て、廃止なんて出来るわけないです。あの弱った高齢者たちをいったいどこへ移せばいいんだ。今後、増える一方の社会保障費に必...

よく働く仲間たち

うちの会社の仲間たちは、本当によく働く。まるで当たり前のように深夜まで仕事している。今夜もおそくまでやっていたのだろう。今は仕事があることが嬉しくて嬉しくてたまらないのだと仲間は言う。いつだって当たり前のように仕事に恵まれている人達もいらっしゃるのだろうが我々は違ったのだ。今はとにかく、走りまくろう。それでいいと思いました。みんな、身体だけは気をつけろ。...

スナフキンの生き方

一生旅を続けるさすらいの男。群れに属することなく、でも決して人が嫌いなわけではなく、村人を愛し、若者へ旅の話を聞かせては刺激を与え、人生を良い方向へ導く不思議な男。この人形に出会ったとき、「ムーミン谷のゆかいな仲間たち」を読み返し、スナフキンのような生き方って、かっこいいなぁと思いました。若者よ、旅に出ろ。なんてね。...

ゆず

富津の海辺で出会った猫「ゆず」。もうこんなに大きくなりました。おかげさまで病気もせず、元気にすくすく育っています。でも食べてばかりいるんですって(笑)産まれてからずぅ~っと、おなかすかしてたんだろうね。手にも足にも靴下をはいているようなので、名前は「ソックスくん」でもよかったかもしれません。猫。気まぐれで、孤高で、でもほんとは寂しがりやで・・。なんとも魅力的な生き方です。ニャーオ。...

特別養護老人ホーム運営・民間企業でも参入可能に

少し前の日経新聞ですが、政府が新成長戦略の柱として今国会で成立を目指す総合特区法案についての記事が紹介されていました。中でも民間事業者による特別養護老人ホームの設置緩和について興味深い内容がございましたので抜粋紹介いたします。寝たきりや認知症などの要介護高齢者を対象に介護サービスを提供する特別養護老人ホームの開設も民間事業者の参入を認めるというものだ。厚生労働省管轄の老人福祉法では、所得の低い高齢...

高齢者住まい法改正案を閣議決定

政府は、高齢者住まい法の改正案について閣議決定を行いました。以下、資料引用しましたのでご確認ください。高齢者の居住の安定確保に関する法律等の一部を改正する法律案について(平成23年2月8日)1.背景 高齢者の居住の安定を確保するため、バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携して、高齢者を支援するサービスを提供する「サービス付き高齢者向け住宅」の登録制度の創設等を行う。2.法案の概要(1) 高齢者の居住の...

噴火と大地震の関係性について

宮崎県境の霧島連山・新燃岳は、いまも小規模な噴火活動を続けている。一方、気になるニュースとして鹿児島市の桜島では12日、爆発的噴火が1日当たりの回数として過去最多を記録しているという。ふたつの火山の同時期噴火。これらは何らかの関係があるのだろうか。鹿児島地方気象台は新燃岳と桜島の関連や原因は不明。過度の心配はしないでほしいと発表した。私が危惧しているのは、大地震との関係性だ。そもそも火山噴火のメカニ...

締めないネクタイ

スーツ着て仕事している人になら一本や二本ぐらいありますよね。どうしても締められないネクタイ。うちのクローゼットには、この二本の出番のないタイがあります。一本は、マフィアみたいだし、一本は、ミッキーマウスか!ってぐらい賑やかだし。お買い物してるときはルンルンだったんだけどなぁ。こんなネクタイがバッチリ似合うビジネスマン目指して頑張りまーす。...

少年のみた夢

曇りなき眼でみる夢は、どんな夢だったろう。知らず知らずのうちに曇ってしまってはいないだろうか。たくさんの人に出会い、たくさんの出来事を経験し、それぞれに辿り着く場所がある。お父さんと一緒に家の前の排水溝を泥だらけで掃除した少年がいた。ただお父さんに褒められたくて続けたドブ掃除は、となりの馬場さんちの前、そのとなりの大塚さんち、公園の向こうの山本さんちと、どんどん広がり、やがて近所中の名物となった。...

シェゲナベイビナー

今日は、弟の子供ふたりに遊んでもらいました。月一の楽しみ。お母さんにリフレクソロジーしてもらってる間に、なぜか無性にふたりにおしゃれさせたくなって服をセレクト。どう?ロックンロールだぜぃ?...

28年間生きた猫

今日、母さんがゆず(海で拾った子猫)を行きつけの動物病院に連れて行くというので、一瞬だけ会いに行った。1.2kgしかなかった体重も2.4kgと増え、母さんに引き取ってもらえておまえ本当によかったなぁと、話してきた。帰りに会計をしていると、ずいぶん立派な猫の写真が飾ってあるので、このこは先生の猫ですか?と聞いたところ、なんと28年間も生きた猫だということが判明。すごい。猫って28年間も生きられるんだ。あー、きっと猫...

社長の仕事

ご無沙汰しております。なんだかバタバタの毎日が続いております下河原です。先日は、ネットの動画サイト運営会社の取材を受けました。アジア最大級の社長動画サイト「賢者TV」http://www.kenja.tv/なんでも当社掲載希望の推薦が他社様よりあったらしく、先方より依頼をいただき今回の取材となりました。自分のことを話すのは、とてもはじゅかちーのですが、ここは高齢者住宅業界の発展!社の更なる成長!を目指し思いっきり熱く語...

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。