Latest Entries

「安心して死を迎えられる場所を」〜多死時代における高齢者住宅の役割〜


IMG_7543_convert_20160816071733.jpg

医療法人悠翔会の佐々木淳理事長が主催する在宅医療カレッジ特別シンポジウム「安心して死を迎えられる場所を」〜多死時代における高齢者住宅の役割〜にて、銀木犀における看取り活動の情報提供を行ってまいりました。

IMG_7545_convert_20160816071813.jpg 

超満員のオーディエンスの中、看取りの場は、病院から高齢者住宅へと移り変わるべき時代であると強く感じました。また、古来日本人がそうしてきたように、生活の延長線上に死がある文化が常識であって、生活の場ではない、治療する場である病院で最期を迎えることは不自然なことだという常識に変わっていくべきだと考えています。
銀木犀の運営を始めてから一番最初に看取り支援をさせていただいた元看護師の入居者が言っていた言葉を思い出しました。「本来、病院は人が元気になる場所であって、人が死ぬ場所ではないのよ」本当にその通りだと思います。

mitoridate_convert_20160816073859.jpg 

これは平成23年から記録している銀木犀における看取り率を表すグラフです。ご自身の住み慣れたお部屋で最期の時を迎えた方々は全体死亡率の76.2%に上りました。有料老人ホームにおける看取り率の全国平均が24%程度(野村総合研究所調べ 高齢者向け住まいの実態調査 有料老人ホーム・サ高住6,092施設からのアンケート結果)なので、これは革新的な数字といっても過言ではないでしょう。看護師の常駐しないサービス付き高齢者向け住宅では看取りは不可能とさえ言われてきた我々ですが、実際にやっています。
高齢者住宅おける看取りで大切なことは連携する在宅療養支援診療所、訪問看護ステーション、高齢者住宅介護職員の情報共有とコンセンサス(意見の一致・合意)、思いやりの連携です。そしてなによりも大切な「本人・家族の覚悟」です。

私たちは、たくさんの銀木犀入居者の看取り支援を経験し、確信していることがあります。
それは、高齢者の終末期における積極的医療の介入は、不自然な死をもたらす可能性が高くなるということです。

こちらは銀木犀の看取りの基本方針です。

ginnmokusei_mitori_houshinn_convert_20160816081544.jpg 

銀木犀では、食べなくなった入居者には、点滴も経管栄養もしないで、食べるだけ、飲めるだけで看取ることを本人・ご家族へ推奨しています。それは、できるだけ医療的介入を絶って、自然死に近ずけてさしあげることにも繋がります。実際、たくさんの入居者が「老衰死」と診断される最期を迎えましたが、ご家族からのクレームは一件もありませんでした。むしろ自然なかたちで最期の時を迎えることができて感無量なご家族ばかりでした。

shiboubashobetu_convert_20160816082553.jpg 

このデータからもわかるように、1951年ぐらいまでは自宅で死亡する日本人が8割以上と大勢を占めていました。しかし、この65年ほどで一気に病院で死ぬことが当たり前の世の中に変わってしまったのです。それは、最期は先生にお任せしますという、死に対する責任感の欠如のようにも感じます。
日本国における医療技術の進化は、日本人に世界一の長寿という恩恵をもらたし、また、本人が望まない「自宅ではない場所での不自然な死」をも、もたらしたのです。人生の最終章にある高齢者本人の生ききる力ではなく、進みすぎた医療技術による命の生存期間の延長の上に成り立つ長寿なんて不自然そのものです。自分の親族に少しでも長く生きていてほしいと願うことが愛ならば、本人の希望通りに自然な死を迎えさせてあげる環境整備をすることも家族の愛ではないでしょうか。
ちなみに生涯医療費の三分の一を終末期医療に使っているというデータまであるそうです。その医療は本当に本人が望む医療でしょうか。

福祉先進国といわれるデンマークでは在宅での看取りが主流とありますが、実はそのほとんどはプライ・エボーリと呼ばれる高齢者住宅での看取りです。日本国におけるこれからの看取りの場もまさに潮流は高齢者住宅に向かっています。また、我々銀木犀は、その高齢者住宅での看取りの場を提供する実践者として、先駆者として大きな役割を果たしています。
多死社会を迎えている日本。大きな鍵を握るのは「団塊の世代の死生観の形成」です。本人・家族が望まない不幸な死に方を量産しないためにも、普段からの生活に根ざした重症化予防活動に加え、生活の延長線上にある自然な死(大往生)を笑顔で迎えられる社会基盤づくりが必要な時代であると強く感じ行動しています。


合わせて読んでいただきたい記事です。
朝日新聞デジタル アピタル 高山義弘医師
「在宅医療」をめぐる3つの誤解



素敵な笑顔

IMG_7652_convert_20160816070638.jpg 

発達障害の子を持つ母親として仕事と家庭を両立してきたパートのヘルパーさん。我が子を思う気持ちから一時は辞職も考えたというが、とうとうサービス提供の管理者を行うことになった。次のキャリアアップは銀木犀所長だよと伝える。一つひとつの困難を乗り越えてきた希望に満ち溢れる素敵な笑顔だった。

「みんなの食堂」ビストロ銀木犀開催


IMG_8768.jpg 

みんなの食堂「ビストロ銀木犀」を開催♫
駄菓子屋に遊びに来る馴染みの子どもたち、放課後デイのキュートな障がい児たち、銀木犀で親を看取った家族のお孫さん、地域包括ケアを模索する行政の方々、熱いボランティアの皆様、そして入居者たちがそれぞれに役割を持ち、世代を超えてつながる楽しい場となった。

IMG_8804.jpg 

IMG_8781.jpg 

IMG_8733.jpg 

IMG_8798.jpg 

IMG_8736.jpg

IMG_8834.jpg 

IMG_8842.jpg 

子どものためだけの食堂ではなく、入居者だけの食堂でもない。
地域住民がもう一度つながりを取り戻すきっかけとなる「みんなの食堂」だ。

VR認知症体験会続々と

IMG_7594_convert_20160816060832.jpg

リクルートホールディングス主催の「Be a Diver!」と題するダイバーシティ推進活動の一環として「VR認知症体験会」を銀木犀で開催。

社員の30%が「5年以内に親族を介護する可能性がある」同社グループ。企業活動の継続性担保としても介護は他人事ではない重要なテーマだ。


IMG_7599_convert_20160816061127.jpg 


今回参加したリクルートグループ社員の皆様からは「認知症の人がこのような見え方をしていると初めて分かった」「自身も親の介護に直面していて接し方に悩んでいたので参考になった」といった感想が聞かれ、本事業が社会的心理環境の改善に寄与すると確信した。



IMG_7601_convert_20160816061223.jpg 


RUN伴を主催している認知症フレンドシップの徳田代表も参加してくださり、伴に日本全土を巻き込む活動にしていきたいと夢を語り合いました。

認知症の差別をなくしたい。

認知症の人の社会参加や公共サービスにアクセスする権利、どんな障害を抱えていてもフリーアクセスできる社会へ。そのためには認知症に対する社会的心理環境の醸成が必要です。そのためにもVR認知症プロジェクトはさらに進化を遂げていきます。

forbes japanさんに記事にしていただきました。
とても読まれている記事と副編集長から報告がありました。
http://forbesjapan.com/articles/detail/12261/1/2/1


銀木犀が認知症ONLINEに掲載されました!


認知症ONLINEから銀木犀が取材を受けました。
整理された記事になっています。

http://ninchisho-online.com/archives/13777/

Profile

Profile

下河原忠道

株式会社シルバーウッド代表取締役
/薄板軽量形鋼造システム スチールパネル工法躯体販売事業/サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀 ぎんもくせい」運営/財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会理事

Monthly Archives